« イワウチワ第一弾 | トップページ | ハナネコノメ »

2019年3月31日 (日)

キブシ

 お気に入りの花ですが、悲しい思い出の花になりました。野の花をこよなく愛する京都の花友さんは私のキブシの写真に「花かんざし」という下記の素敵な詩を付けてくださいました。その方は昨年3月、亡くなりました。

K3__2963

     (キブシ 2019.3.27)

 

 花かんざし

  ~キブシ~

山裾を黄色に染めて

キブシの花がほころんだ

 

この花が咲くと春だよと

小さな頃祖母が教えてくれた

 

花かんざしみたいだね・・・

 

小さく手折り

そっと髪にさしてくれた

昼下がりの山裾の道

 

風香り、空蒼く

私の耳の横でチロチロと・・・

 

黄色のかんざしが小さく揺れた

遠い思い出

     花の庵 さな

 

| |

« イワウチワ第一弾 | トップページ | ハナネコノメ »

野の花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イワウチワ第一弾 | トップページ | ハナネコノメ »