« 薄っすらピンクのウグイスカグラ | トップページ | キクザキイチゲ(筑波山) »

2019年4月13日 (土)

筑波山の春

 昨年は花が極端に早く、12日に行った時はカタクリもほぼ終わっていましたが、今日は先日の寒波の時、降った雪が頂上近くでは残っており、頂上周りはカタクリはまだ蕾でした。他の花達もちょと寒そうにしていました。

Img_4724

  (カタクリ 2019.4.13)

    頂上から少し下ると咲き出したばかりの新鮮な花が見られました。同じカタクリでも咲いている環境の違いで、雰囲気が違います。

K3__3975

    (ヒナワチガイソウ 2019.4.13)

    お目当ての希少種の花が今年も見られました。

Img_4739

    (ナガバノスミレサイシン 2019.4.13)

    筑波山以外では個体数が少なく、自宅近辺の山では見られないスミレです。

Img_4732

    (ハルトラノオ 2019.4.13)

    咲き出したばかりで、赤い葯が鮮やかでした。

| |

« 薄っすらピンクのウグイスカグラ | トップページ | キクザキイチゲ(筑波山) »

野の花」カテゴリの記事

コメント

まささん、こんばんわ!
>筑波山 一度は、登りたい山ですが、
>ケーブルでも可能ですか・・
ケーブルとロープウエイがあります。
ヒナワチガイソウは山麓にありますので、山に登る必要はありませんが、車で近くまで
行くことになります。来るときにには案内します。

投稿: やまそだち | 2019年4月14日 (日) 16:59

やまそだちさん、こんにちわ!
希少種の ヒナワチガイソウ!いいですね。
筑波山 一度は、登りたい山ですが、
ケーブルでも可能ですか・・

投稿: まさ | 2019年4月14日 (日) 13:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 薄っすらピンクのウグイスカグラ | トップページ | キクザキイチゲ(筑波山) »