« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月31日 (金)

タツナミソウ

Dscn0331

     (タツナミソウ 2019.5.30)

 家の近くの林を早朝散歩中、見られました。草むらの中で数株がひっそりと咲いていました。青紫色の花は緑の中でよく映えます。

| | コメント (0)

2019年5月30日 (木)

ウグイスカグラの実

Dscn0302

     (ウグイスカグラの実 2019.5.28)

 家から一番近い山で、実の付きが良いウグイスカグラに出会いました。熟した実は鮮やかな赤で緑濃くなった林の中で良く目立ちます。

K3__7656

 可愛い赤い実で、甘みがあり食べられます。子供の頃はサガリンコと呼び、山遊びの時、よく食べました。懐かしさに数個、つまんでました。ほんのりた甘みがあります。

| | コメント (0)

2019年5月29日 (水)

バイカウツギ

K3__7606

     (バイカウツギ 2019.5.27)

 一昨日、渓谷沿いを散策中、出会いました。真っ白な清楚な花に暑さも癒されました。暑い中、歩いたご褒美です。花の様子が梅の花を思わせることから付いた名前です。新分類ではユキノシタ科からアジサイ科になりました。

| | コメント (0)

2019年5月28日 (火)

タカネザクラ

K3__7471

     (タカネザクラ 2019.5.25)

 タカネザクラの名前のように標高の高い場所で見られるサクラです。別名ミネザクラとも言われます。北海道では低地でも見られるそうです。

K3__7467

 葉の展開と同時に開花し、若葉は紅褐色で花は下向きに咲きます。群馬県での観察会で見られました。令和元年の桜です。

| | コメント (0)

2019年5月27日 (月)

サクラスミレ

K3__7533

     (サクラスミレ 2019.5.25)

 スミレの女王サクラスミレも見逃せないスミレですが、地元では滅多に見ることができません。丁度、見頃の花を群馬県での観察会で沢山の見られました。

K3__7522

 紅紫色の大きな花は見応えがあります。気持ちの良い林のあちこちで花を咲かせていました。

| | コメント (0)

2019年5月26日 (日)

ナエバキスミレ

K3__7429

     (ナエバキスミレ 2019.5.25)

 黄色いスミレは地元では見られませんがスミレ好きには毎年見たいスミレです。ナエバキスミレは雪国を代表するオオバキスミレの変種です。今年も群馬県に出かけ、咲き始めの綺麗なナエバキスミレが見られました。

K3__7453

| | コメント (0)

2019年5月23日 (木)

コゴメウツギ

K3_7254

     (コゴメウツギ 2019.5.19)

 コゴメ(小米)は米粒を砕いたもので、小さい白い花を小米に見立てたと言います。花弁は白ですが、萼筒のが内側が黄色いので遠くから見ると黄色っぽく見えます。

| | コメント (0)

2019年5月22日 (水)

レンリソウ

K3__7307

     (レンリソウ 2019.5.22)

 レンリソウは県内ではやや普通に見られるとなっていますが、私は1箇所しか知りません。見る機会が少ない花です。

K3__7349

 葉っぱに特徴があり、細い小葉が2~6個ありきれいに対生しています。紅紫色の花は緑の葉に良く映えます。

| | コメント (2)

2019年5月21日 (火)

ノイバラ

K3__7223

     (ノイバラ 2019.5.19)

 散歩道のあちこちの藪で良い香りのノイバラが咲いています。ノイバラは茨城県の県花で県旗・県章いずれも「バラ」をかたどっています。常陸国風土記のなかにも黒坂命が茨(うばら)で城を築き賊を退治した説話もあります。

K3__7216

 白い花が多いですが、うっすらとピンクかかったものも見られます。

| | コメント (0)

2019年5月20日 (月)

ニワゼキショウ

K3_7274

     (ニワゼキショウ 2019.5.18)

 初夏の芝生や草むらで良く見られる、アヤメ科の帰化植物です。花は紅紫色や白色などがありますが、中央部はどちらも黄色です。受精すると、一日でしぼんでしまいます

K3_7271

| | コメント (0)

2019年5月19日 (日)

カヤラン

Dscn0052

     (カヤラン 2019.5.17)

 昨日、紹介のキンランと比べると色合いは少し淡い感じですが、花数が多い株は見応えがあります。この場所は4年前までは樹にびっしりと付いていましたが、綺麗に剥ぎ取られてしまいました。その近くの樹に残っていた株が3年で大分大きくなりました。

| | コメント (0)

2019年5月18日 (土)

キンラン

K3_7070

     (キンラン 2019.5.10)

 環境さえ良ければ、株数も多くなりますが、目立つと掘られてしまうことも多いです。数年前に見つけたこの場所は、人が気がつかない場所なので、掘られることは無いようです。今年も綺麗な花が見られました。

K3_7079

| | コメント (2)

2019年5月17日 (金)

タニギキョウ

K3_7166

    (タニギキョウ 2019.5.11)

 山道の木陰や谷筋などで良く見られますが、こんな群落にはなかなか出会えません。1cmに満たない白い小さな花ですが、これだけまとまって咲いていると目につきます。

K3_7172

 

 

| | コメント (0)

2019年5月15日 (水)

太郎山のスミレ

 7日、長野県太郎山で見たスミレです。スミレも場所が変わると花の色合い・大きさなど微妙に違います。

K3__6220

     (イブキスミレ)

K3__6208

     (オトメスミレ)

K3_6258

     (アケボノスミレ)

K3__6198

     (ニョイスミレ)

 

| | コメント (0)

2019年5月14日 (火)

ミツバウツギ

K3__5404

     (ミツバウツギ 2019.5.3)

 この時期、山道で見られます。花が小さく、下向きなので目立ちませんが、近寄って見ると白いかわいい花です。名前のとおり葉は3枚で、枝が中空です。(茎の中が空洞になっている木のことを「ウツギ(空木)」と言います)

K3_7191

 開いている5枚の白い花弁のように見えるのは萼で、その内側にに葯を囲んでいるのが花弁です。萼は平開しますが花弁は平開しません。

| | コメント (0)

2019年5月13日 (月)

イカリソウ

 長野県太郎山散策で見頃の花が見られました。当県にも分布していますが、地元の山ではあまり見ていません。個体数が減って来ているのかもしれません。

K3_6130

     (イカリソウ 2019.5.7)

 新緑の中に咲く紅紫色の花は、優しい葉の色とのよくマッチしています。花の形を船の碇に見立てたものです。

K3_6147

 

| | コメント (0)

2019年5月12日 (日)

ギンラン

K3_7039

     (ギンラン 2019.5.10)

 ササバギンランは良く見かけますが、ギンランはあまりお目にかかりません。特に立派な株には滅多に出会えません。この株も小さい株でしたが、咲き始めで新鮮な花でした。

K3_7045

| | コメント (0)

チチブシロカネソウ

 7日、地元の方の案内で長野県の沢沿いで見られたチチブシロカネソウです。

K3_6091

     (チチブシロカネソウ 2019.5.7)

 沢の脇でひっそりと咲き出したばかりの真っ白な花が見られました。何日か後には見頃になるでしょう。

K7_2542

 埼玉県秩父市で発見され、その後、群馬、長野、栃木などで、見つかっているようです。最盛期の花も良いですが、咲き始めの花も魅力的です。

| | コメント (0)

2019年5月11日 (土)

群馬県・花観察(2)

 6日の群馬県の山散策で見たスミレを紹介します。

K3__5876

     (ヒナスミレ)

K3_5910

     (エイザンスミレ)

K3_5958

   (チシオスミレ)

K3_5962

   (アケボノスミレ)

K3__5944

   (ニョイスミレ)

  

| | コメント (0)

2019年5月10日 (金)

マイフィールド最後のスミレ

 地元で一番遅く咲くスミレはコミヤマスミレです。このスミレが咲くとマイフィールドのスミレのシーズンは終わります。

K3_7000

 地元で一番遅く咲くスミレはコミヤマスミレです。このスミレが咲くとマイフィールドのスミレのシーズンは終わります。

K3__6943

 花弁は細く、フモトスミレに似ています。花は直径1.5cmの清楚なスミレです。

 

| | コメント (2)

マイフィールド最後のスミレ

 地元で一番遅く咲くスミレはコミヤマスミレです。このスミレが咲くとマイフィールドのスミレのシーズンは終わります。

K3_7000

 地元で一番遅く咲くスミレはコミヤマスミレです。このスミレが咲くとマイフィールドのスミレのシーズンは終わります。

K3__6943

 花弁は細く、フモトスミレに似ています。花は直径1.5cmの清楚なスミレです。

 

| | コメント (0)

群馬県・花観察(1)

 3日間のお出かけ初日の6日は群馬県の山散策でした。連休後のためか数人にしか出会いませんでした。スミレ以外のいくつかを紹介します。

K3__5795

     (ヒカゲツツジ)

K3__5824

    (シロバナエンレイソウ)

K3_5854

        (コガネネコノメソウ)

K3_5986

       (ツルキンバイ)

K3_5980

   (フタバアオイ)

| | コメント (0)

2019年5月 9日 (木)

タチイヌノフグリ

 6日から3日間、群馬・長野へ出かけていました。写真整理がつかないので、出かける前に撮った花の紹介です。

K3__5728

     (タチイヌノフグリ 2019.5.5)

 道に沢山生えていますが、花が3~4mmと小さく、花柄がほとんど無く、萼に埋まっているのでほとんど目につきません。

K3__5717

K3__5751

 花の色は普通濃い青色ですが、ピンクのものをあると聞き探してみました。何とか見つけました。

| | コメント (0)

2019年5月 6日 (月)

クサノオウ

K3__5381

     (クサノオウ 2019.5.3)

 クサノオウの黄色の花は目立つので、良く目に入るのですが、花が次々と散っていくのであまり撮影しません、Blog登場も10何年かぶりです。黄色い花の撮影は苦手ですが、日陰だったので何とか色が出ました。

3__5375

| | コメント (0)

2019年5月 5日 (日)

ホタルカズラ

K3_5666

    (ホタルカズラ 2019.5.5)

 散歩道の林の脇のホタルカズラ、工事で掘られ消えてしまったものが復活したようです。日当りの良い草むらですので、掘られなければ増えて行くでしよう。

K3_5666_1

 花はきれいな青紫色ですが,写真に撮るとなかなか実物の色が出ません。 花の色を螢の光にたとえたそうですが、名付けた方の感性に感心です。

| | コメント (0)

2019年5月 4日 (土)

コンロンソウ

K3__5336

     (コンロンソウ 2019.5.3)

 谷筋の細い流れ近くの湿った場所で、真っ白のコンロンソウの花が見頃でした。この花の白さを中国の崑崙山脈の雪に見立て、崑崙草つけられたようです。

K3__5349

アブラナ科で、十字形の花です。タネツケバナの仲間としては比較的大型で高さ30~70cmになります。

| | コメント (0)

2019年5月 3日 (金)

ラショウモンカズラ

 少し湿った林や山で見られます。当地では何カ所かに咲いていますが、そう多くはありません。

K3__5253

     (ラショウモンカズラ 2019.5.2)

 草むら緑の中に咲いているので、明るい紫色の花は良く映えます。

K3__5241

 花の後は蔓性の走出枝が地面を這います。この蔓からカズラ(蔓)の名前がついています。 ラショウモンの方は花の様子を羅生門の鬼の腕に例えたそうですが、あまりピンときません。

| | コメント (0)

2019年5月 2日 (木)

スズメノエンドウ

Img_4945

     (スズメノエンドウ 2019.5.1)

 カラスノエンドウより小さいのでスズメの名前がついています。花が小さく(3、4mm)色も白紫色で写真が撮りにくいので、ほとんど撮影しません。

Img_4946

 小さく目立たないので、草むらで咲いていても気づく人はほとんどいないでしょう。

| | コメント (2)

2019年5月 1日 (水)

アメリカフウロ

 北アメリカ原産の帰化植物で、紅葉が綺麗なので良く撮りますが、花の撮影はしばらくぶりです。

Img_4968

     (アメリカフウロ 2019.5.1)

 ゲンノショウコと同じフウロソウの仲間です。葉が5~7裂し、基部まで切れ込み、緑色で葉も綺麗です。

Img_4953

 花は小さく、淡紅白色ですが、咲き始めは色が少し濃いです。

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »