« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月30日 (日)

ハマナデシコ

K3__9011

     (ハマナデシコ 2019.6.26)

 海岸を運転中、道路脇に赤い花が見えました。海岸に降りて見るとハマナデシコが、花は盛りを過ぎていましたが、この場所は初めての場所です。崖の斜面ですので、海を入れての撮影はできませんでした。

K3__8996

 ハマナデシコは葉は厚く光沢があり、幅も広くいかにも頑丈そうです。花の色も濃く、一本の茎に沢山の花を付けます。

| | | コメント (0)

2019年6月29日 (土)

ゴゼンタチバナ

K3__8778

     (ゴゼンタチバナ 2019.6.19)

 おなじみの高山植物です。真白な花びらのようなものは総苞で、真ん中に集まっているのが花で花びらは小さくてルーペで見ないと良く分かりません。ミズキの仲間です。ミズキ科というとミズキやヤマボウシなど木ばかりが浮かびますが、めずらしいミズキ科の草です。

Dscn1193

 総苞片は普通白色ですが、淡緑色をした株が見られました。ミドリゴゼンタチバナと呼ばれています。

| | | コメント (0)

2019年6月28日 (金)

ツガザクラ

K3__8816

     (ツガザクラ 2019.6.19)

 亜高山帯~高山帯の岩上や岩礫地で良く見られるツツジ科の常緑小低木です。何度も見ているのですが、何故かBlogは初登場です。湯ノ丸高原の烏帽子岳で見たものです。

K3__8798

 花は終盤でしたが、釣り鐘型の白に淡いピンクを帯びた花は可愛らしいです。

| | | コメント (0)

2019年6月27日 (木)

ムラサキヤシオ

K3__8753

     (ムラサキヤシオ 2019.6.19)

 湯ノ丸高原の烏帽子岳への登山道沿いで沢山咲いていました。新緑の林に咲く赤紫色の花は目立ちます。

K3__8726

 ヤシオの名前がつくツツジにはアカヤシオ、シロヤシオ、ムラサキヤシオの3種があります。アカヤシオ、シロヤシオは山地に生育しますが。ムラサキヤシオは地から亜高山帯まで広範囲に見られます。

 

| | | コメント (0)

2019年6月26日 (水)

ズミ

K3__8601

     (ズミ 2019.6.19)

 山地や湿原など、やや湿ったところで見られます。蕾はピンク色ですが、開花すると真っ白です。湯の丸高原で見頃の花が見られました。

K3__8759

 バラ科リンゴ属の1種で、リンゴに近縁な野生種でだそうです。コナシ、コリンゴなどとも呼ばれます。

| | | コメント (0)

2019年6月25日 (火)

イチヨウラン

 昨日のランは葉が無いのでムヨウラン、こちらは葉が一枚なのでイチヨウランと名付けられました。葉が一枚のランは他にのありますが・・

K3__8647

     (イチヨウラン 2019.6.19)

 低山~亜高山に生えますが、花が淡い緑色なので、見つけにくいのですが、湯の丸高原で運良く出会えました。帰りにもう一度、撮ろうと思ったのですが見落としてしまいました。

K3__8643

| | | コメント (0)

2019年6月24日 (月)

ムヨウラン

 しばらく見ていなかったので、もう遅いかと出かけました。今年は花期が遅かったようで、最盛期は少し過ぎていましたが、まだ綺麗な花が見られました。

K3__8922

     (ムヨウラン 2019.6.22)

 地味な野生ランで、花は黄褐色の渋い色で薄暗い常緑樹林内に生えるので見つけにくいです。一株見つかると近くで次々と目に入る事が多いです。

K3__8952

 葉緑素を持たない腐生植物で無葉欄の名の通り、葉っぱがありません。

| | | コメント (0)

2019年6月23日 (日)

白馬で見られた花

 18日に見られた花をいくつか紹介します。

K3__8491

     (シラネアオイ)

Dscn1122

     (オオバノミゾホオズキ)

K3__8381

   (ズダヤクシュ)

K3__8481

     (クルマバツクバネソウ)

 

| | | コメント (0)

オオサクラソウ

K3__8555

     (オオサクラソウ 2019.6.18)

 雪解けを待って咲き出しますので、その年の雪解け具合により開花時期が違い、現地に着くまで、咲いているか?ドキドキです。2、3分咲きでしょうか、なんとか見られました。近くには蕾が沢山ありました。

| | | コメント (0)

2019年6月22日 (土)

キヌガサソウ

 お目当ての一つのキヌガサソウ、3年ぶりに見られました。

K3__8508

     (キヌガサソウ 2019.6.18)

 亜高山帯から高山帯の湿った草地に、笠を広げたような大きな葉の上に白い蓮のような花を咲かせます。

K3__8532

 咲き出したばかりの新鮮な花には感動させられます。

K3__8475

 沢をバックに・・・

| | | コメント (0)

2019年6月21日 (金)

サンカヨウ

 18日は猿倉から白馬尻まで歩きました。雪はほとんど溶けて、色々な花が咲き出していました。

K3__8360

     (サンカウヨウ 2019.6.18)

 5月から7月、山地から亜高山の林内で見られます。真白な花は濃い緑の葉に良く映えます。咲き出したばかりの新鮮な花が見られました。

K3__8428

 山荷葉の「荷葉」は「蓮の葉」の事で、葉の付き方が蓮に似ているので山の蓮という事で付いた名前です。

 

| | | コメント (0)

2019年6月20日 (木)

レンゲツツジ

 18日、19日と花友さんと長野県の山を散策してきました。18日は白馬尻、19日は湯の丸の烏帽子岳をのんびり歩きました。レンゲツツジは群落が多いですが、緑の林の中で咲いているものが好きです。

Dscn1004

     (レンゲツツジ 2019.6.17)

 長野までの移動の途中、寄った榛名高原のものです。花の端境期で他の花は見られませんでした。

K3__8714

     (レンゲツツジ 2019.6.19)

 長野県湯の丸高原で見たものです。花の色は真っ赤に近いものからオレンジっぽいものまで色々の色がありますが、これはちょっと赤っぽいものです。

| | | コメント (2)

2019年6月16日 (日)

ヒロハノレンリソウ

K3_8107

     (ヒロハノレンリソウ 2019.6.13)

 園芸種のような花ですが、ヨーロッパ原産の植物で大正年間には鑑賞用として栽培され、近年逸出し野生化したものだそうです。高速道路の分離帯などで見られます。海岸近くの公園の薮にからんでいました。

| | | コメント (0)

2019年6月15日 (土)

シモツケ

K3__8237

     (シモツケ 2019.6.14)

 庭などに植えられていますが、自然のものは日当たりの良い山の岩場や林縁などで見られます。この山のものは淡い紅色で薄めの色合いの花は優しい感じがします。梅雨の晴れ間の散策です。

K3__8222

| | | コメント (0)

2019年6月14日 (金)

オオウメガサソウ

K3_8062

     (オオウメガサソウ 2019.6.13)

 ネモフィラで有名になった国営ひたち海浜公園で、年に一度、期間限定で普段は入れない自生地が公開されます。今年も見てきました。

K3_8089

 北海道、青森県、岩手県、茨城県の東海村や国営ひたち海浜公園など、ごく限られた場所に自生しています。ウメガサソウより大きいことからオオウメガサソウと名付けられました。

| | | コメント (2)

2019年6月13日 (木)

ウメガサソウ

K3_8156

     (ウメガサソウ 2019.6.13)

 ウメガサソウが見頃かと海岸の松林を歩いてきました。株は沢山あったのですが、ほとんど花が終盤でした。なんとか探して撮ったものです。昨日のイチヤクソウと同じで花が下向きに咲くので、カメラを地面においての撮影です。

| | | コメント (5)

2019年6月12日 (水)

イチヤクソウ

Dscn0968

     (イチヤクソウ 2019.6.12)

 家に近くの林でひっそりと咲く、イチヤクソウです。株数は4、5株と少ないのですが、毎年花を咲かせてくれます。白い小さな花を下向きに咲かせるので、目立ちません。

| | | コメント (0)

2019年6月11日 (火)

ニワトコの実

Img_5108

     (ニワトコの実 2019.6.11)

 散歩道のニワトコの実が、例年より早く色付き始めました。ニワトコは花より実の方が印象的で、緑の葉に鮮やかな真っ赤な実は見事です。散歩道の藪のあちこちでたわわになっていました。

Dscn0934

 真っ赤でツヤツヤで輝いています。

| | | コメント (0)

2019年6月10日 (月)

ウリノキ

K3__7989

     (ウリノキ 2019.6.6)

 木陰の生え、小さい花が葉陰に隠れるようにぶら下がっているので、見過ごしてしまうことも多いです。白い6個の花弁がくるりと外側に巻き込み、黄色の雄しべと白色の雌しべが垂れています。葉の形がウリに似ているので、瓜の木と名前がつきました。

| | | コメント (0)

2019年6月 9日 (日)

ヒレアザミ

K3__8002

     (ヒレアザミ 2019.6.6)

 何度か見ていますが、Blog、初登場です。花は小さく、咲いていてもあまり目立ちませんが花数は多いです。古い時代の帰化植物のようです。葉だけでなく、茎に凹凸のある翼があります。

Dscn0866

 これが開いた状態です。畑の脇の山道に咲いていました。

| | | コメント (0)

2019年6月 8日 (土)

テイカカズラ

K3__8035

     (テイカカズラ 2019.6.6)

 久しぶりで花付きの良いテイカカズラが見られました。岩場に一面に広がっていました。花は白色から次第に淡黄色になりますが、まだ真っ白な新鮮な花でした。

K3__8042

 花びらはプロペラ状になり、よく見ると縁がひだのように波打っています。甘い香りがします。

| | | コメント (0)

2019年6月 7日 (金)

ハマボッス

Dscn0698

     (ハマボッス 2019.6.5)

 以前、群落だった海岸が崩れ、お気に入りの場所で見られなくなったハマボッス、家から近い海岸で咲き始めていました。白っぽい花ですが、わずかに肌色ぽい感じがします。

| | | コメント (0)

2019年6月 6日 (木)

セッコク

 セッコクは地元では見たことがなかったのですが、昨年秋に神社の森の杉に付いていた葉を見つけました。そろそろ花が咲いているかと出かけて見ました。大きな杉の上の方にビッシリと花をつけた株が沢山見られました。時間も忘れ、コンデジズームで撮影してきました。

Dscn0822

Dscn0823

 

Dscn0812

| | | コメント (4)

2019年6月 5日 (水)

トガクシショウマ

 今回の尾瀬のお目当の花です。昨年は花が早く、トガクシショウマは終わっていました。今年は咲き出したとの情報を聞き、すぐに出かけました。まだ蕾も残る新鮮な花が見られました。あと数日で満開になるでしょう。近場なら何度も訪れたい花です。

K3__7706

| | | コメント (5)

2019年6月 4日 (火)

尾瀬のリュウキンカ

 水辺や湿地で見られる花で尾瀬ではミヅバショウが盛りをすぎる頃見頃になります。咲き始めたリュウキンカがポツリポツリと咲いていました。あと一週間もすれば、黄色い花が見頃でしょう。

Dscn0409

 新鮮なミズバショウと新鮮なリュウキンカ

Dscn0444

 咲き始めたリュウキンカ

 

 

| | | コメント (0)

2019年6月 3日 (月)

尾瀬のミズバショウ

 5月31日、6月1日と尾瀬ヶ原に行ってきました。この時期、一面の新鮮なミズバショウが見られますが他に花はほとんど咲いていません。

Dscn0562

 

K3__7748

 

K3__7787

 

Dscn0542

| | | コメント (4)

2019年6月 2日 (日)

スイカズラ

Dscn0354

     (スイカズラ 2019.5.30)

 散歩道を歩くとスイカズラの甘い香りが漂ってきます。香りが強いので、すぐわかります。この時期、ウツギ、ノイバラ、ガマズミ、イボタノキ、ドクダミ、エゴノキなど白い花が目立ちます。

| | | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »