« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

2019年10月31日 (木)

ノハラアザミ

K3__4786

     (ノハラアザミ 2019.10.31)

 春から咲くノアザミは見られなくなり、秋咲きの代表的なアザミ、ノハラアザミが田んぼ脇や草地で多く見られます。良い色合いで咲いていました。身近な花すぎて、写真をあまり撮らないので、久しぶりのBlog登場です。

K3__4902

| | コメント (0)

2019年10月30日 (水)

キッコウハグマ

K3__4708

     (キッコウハグマ 2019.10.28)

 この山ではキッコウハグマがよく見られるのですが、今年は雨続きのせいか不作なようで、花が少ないです。残念ながら何年振りかの見すぼらしいでしたので、11月に入ったら別の山を探して見ます。

K3__4740

 直径1cmほどの小さい花ですので、目立ちませんが、近づいてよく見ると3個の小花が集まった可愛い花です。

| | コメント (0)

2019年10月29日 (火)

ガマズミの実

K3__4729

     (ガマズミの実 2019.10.28)

 里山も花が少なくなり、木の実が色付いてきました。ガマズミの赤い実は里山で見られる秋の一番ポピュラーな木の実です。葉もまだ緑で、熟していないので鳥も食べないようです。

| | コメント (0)

2019年10月28日 (月)

センブリ

Dscn2431

     (センブリ 2019.10.28)

 センブリはこの季節の花として欠かせない一つです。Blog開設(2006年)以来、毎年紹介しています。日立市近辺では10月中旬過ぎからあちこちでセンブリが咲き出しますが今年はちょっと遅れているようです。

Dscn2398

 昨日、家から一番近い山に咲いていたセンブリです。これからあちこちで見られます。

 咲き始めたばかりの新鮮な花です。

Dscn2391

 咲き始めたばかりの新鮮な花です。

 

| | コメント (2)

2019年10月27日 (日)

ガンクビソウ

Dscn2423

     (ガンクビソウ 2019.10.27)

 ガンクビソウの名は頭花の形から名前がついています(きざみタバコを吸うための煙管の雁首に似ています)が煙管(キセル)を見たことがない人の方が多くなってきました。花は地味ですが、良く見るとなかなかか面白いかっこうをしています。良く似た花にコヤブタバコがあります。

| | コメント (0)

2019年10月26日 (土)

チカラシバ

K3__4693

     (チカラシバ 2019.10.26)

 散歩道も野菊が終盤、花が少なくなってきました。そんななか、イネ科の実が目立つようになってきました。おなじみの試験管ブラシのようなチカラシバの穂です。これから冬にかけて、地味なイネ科の植物が目を惹くようになります。

| | コメント (0)

2019年10月25日 (金)

ハマギク

 ハマギクのシーズンですが、年々、個体数が減り、今年は台風の影響もあり、ちょっと寂しいハマギクです。記録のために撮影してきました。これからどうなって行くか気になります。

Dscn2340

     (ハマギク 2019.10.23)

K3__4622

| | コメント (0)

2019年10月24日 (木)

コウヤボウキ

K3__4539

     (コウヤボウキ 2019.10.21)

 地元で咲く秋の花は決まった花が多いので、毎年Blogに登場します。先日紹介した草本のカシワバハグマと同じ仲間なので花はそっくりで、10個ほどの管状花が集まっています。細い枝先に咲いているので揺れて撮りにくいです。

K3__4603

 当地(日立市)の山ではコウヤボウキは何処の山でも見られます。

 

 

| | コメント (0)

2019年10月23日 (水)

ヤクシソウ

K3__4589

     (ヤクシソウ 2019.10.21)

 この時期、山道で黄色い花が見えるとヤクシソウの事が多いです。台風の影響で、ちょっと倒れていましたが、綺麗に花を咲かせていました。まだ蕾も沢山の付いていますので、もうしばらくは花が見られそうです。

K3__4576

 薬師草の由来は諸説あるようですが、良く分からないようです。

| | コメント (0)

2019年10月22日 (火)

ウメモドキの実

K3__4552

     (ウメモドキ 2019.10.21)

 そろそろ、木の実や草の実を見かける季節になってきました。例年、11月になってから見るのですが、昨日、山道で綺麗に色付いたものが見られました。もっと赤色が濃くなるのですが、ちょっと薄めで輝いていました。自生のものは実付きの良いものは案外少ないです。

| | コメント (0)

2019年10月21日 (月)

田んぼ道のお馴染さん

K3__4491

     (イヌタデ 2019.10.20)

 「赤まんま」は秋の野には無くてはならない懐かしい花、散歩道の秋の風情です。最盛期を過ぎあと一ヶ月もすると葉が真っ赤に紅葉します。一生懸命咲いているこんな花を見ると心が癒されます。

K3__4513

     (ミゾソバ 2019.10.20)

 草むらで可憐に咲くミゾソバも秋を感じさせてくれます。花の色は白からピンクの濃いものなどさまざまで、群生しています。つぼみはコンペイ糖のようです。

| | コメント (0)

2019年10月20日 (日)

トネアザミ

K3_4452

     (トネアザミ 2019.10.19)

 散歩道で綺麗に咲いていたアザミです。地元の植物誌ではトネアザミになっておりますが、母種のナンブアザミかもしれません。(トネアザミはナンブアザミの変種ですが、ナンブアザミとの違いが良くわかりません。)

| | コメント (0)

2019年10月19日 (土)

シロヨメナ

K3__4367

     (シロヨメナ 2019.10.18)

 家の近くの山でシロヨメナが大分咲いていました。台風で傷められながらもしっかり咲いています。ヨメナの名前がついていますが、ヨメナ属ではなくノコンギクと同じシオン属なのでそう果に長い冠毛があります。

K3__4374

 目にしみるような真っ白な清楚な花です。

| | コメント (2)

2019年10月18日 (金)

オヤマボクチ

K3__4246

     (オヤマボクチ 2019.10.9)

 アザミに似ていますがアザミ属ではなくヤマボクチ属で葉に刺がありません。咲き始めです。花は黒紫色ですので開く前のこれくらい方が可愛いです。

| | コメント (0)

2019年10月17日 (木)

アオハダの実

Dscn2327

     (アオハダ 2019.10.16)

 モチノキの仲間の実が色づいてきました。この時期、まだ葉が緑色なので、赤い実はよく映えます。渓流の対岸にの赤い実が見られ、望遠で撮って見たら、アオハダの実でした。この日お目当のダイモンジソウは台風19号で全て流されていました。

| | コメント (0)

2019年10月16日 (水)

アキノノゲシ

K3__3998

     (アキノノゲシ 2019.10.5)

 春に咲くノゲシの花は濃い黄色の花ですが、アキノノゲシは薄い黄色というかクリーム色で落ち着いた優しい感じの花です。背が高く、花が沢山付くので良く目立ちます。

K3__4011

| | コメント (0)

2019年10月15日 (火)

アキノキリンソウ

K3__4318

     (アキノキリンソウ 2019.10.10)

 全国各地で見られますが、秋には地元の山で見ておきたい花の1つです。あちこちにはびこり好きになれない人が多いセイタカアワダチソウと同じ仲間です。別名アワダチソウと言う名が付いています。

K3__4328 

 花がベンケイソウ科のキリンソウに似ていることから名付けられたようです。

| | コメント (0)

2019年10月14日 (月)

カシワバハグマ

K3__4044 

     (カシワバハグマ 2019.10.10)

 この辺の山では一番よく見られるカシワバハグマです。オクモミジハグマは葉がモミジの葉に、オヤリハグイマは槍に、そして、カシワバハグマは柏の葉に似ています。

K7__2603

 小花はオヤリハグマが1個、オクモミジハギマは3個、そしてカシワバハグマは10個なので花が賑やかです。

| | コメント (0)

2019年10月13日 (日)

オヤリハグマ

K3__4202

     (オヤリハグマ 2019.10.9)

 この時期見られるオクモミジハグマ・カシワバハグマと比べると、小花が1個なのでちょと貧弱な花に見えます。3裂する葉が特徴です。

| | コメント (2)

2019年10月12日 (土)

アズマヤマアザミ

K3__4224

     (アズマヤマアザミ 2019.10.9)

 東の国(関東地方)に多い薊で東山薊と名がついています。秋に咲くアザミの代表のノハラアザミは紅紫色でよう目立ちますが、アズマヤマアザミは花の色が淡赤紫色で山地ないに咲いていますのであまり目立ちません。

K3__4208

 アズマヤマザミは県北(茨城県)の山でこの時期よく見られます。

| | コメント (0)

2019年10月11日 (金)

センダイトウヒレン

K7__2577

     (センダイトヒレン 2019.10.9)

 トウヒレンの仲間は地域により多くの種類があり、みな同じような花を咲かせるので、名前の同定が難しいです。関東以北に分布し、地元に有るのは地元の植物誌でセンダイトウヒレンとなっています。センダイトウヒレンの特徴は、葉柄が翼状になっている事です。

K7__2575

 アザミに比べ花が少し小さく地味な感じですが、素朴で品があるように見えます。

| | コメント (0)

2019年10月10日 (木)

オクモミジハグマ

K3__3991

     (オクモミジハグマ 2019.10.9)

 オクモミジハグマ、カシワバハグマ、オヤリハグマが咲き出しました。オクモミジハグマが一番早く咲き出します。三つの中でオクモミジハグマの花が一番端正な花です。エンシュウハグマの花とそっくりです。

K3__4184

 葉がモミジのように掌状に浅く裂けます。モミジに似た葉を持つハグマの仲間という意味です。母種のモミジハグマは近畿地方以西に分布しています。

| | コメント (0)

2019年10月 9日 (水)

コシオガマ

K3__4142

     (コシオガマ 2019.10.9)

 紅紫色の花はお気に入りなのですが、花付きの良いものにはなかなか出会えません。今日も株は大きかったのですが、花が落ちたものが多く、花付きはちょっと少ない。以前はゴマハグサ科でしたが新分類ではハマウツボ科になりました。

K3__4124

| | コメント (0)

2019年10月 8日 (火)

ユウガギク

K7__2571

     (ユウガギク 2019.10.7)

 秋に散歩道で一番早く見られる野菊のがユウガギクです。今年は少し遅れているようですが、あちこちで咲き出しました。花は白っぽいものが多いですが、少し紫色を帯びたものもなど花の色は様々です。

K3__4156

| | コメント (0)

2019年10月 7日 (月)

ウメバチソウ

K3__3772

     (ウメバチソウ 2019.10.1)

 湿った高原などに咲きます。新鮮な花に出会うことが出来ました。真っ白で、良く見るととても繊細な花です。雄しべが1本づつ開いて行きます。5本目の雄しべが開くのは6日目です

| | コメント (0)

2019年10月 6日 (日)

ヤマラッキョウ

K3__3765

     (ヤマラッキョウ 2019.10.1)

 長野に出かけた帰り道、榛名高原にちょっと寄って見ました。以前、白花を見ているので探したのですが、見つかりませんでした。午後の光を受け、輝いていました。

K3__3817

 地元では海岸の林や山道で見ていますが、高原の草むらで見るものは秋が感じられ良い感じです。

| | コメント (4)

2019年10月 5日 (土)

ムラサキセンブリ

 

  関東地方以西に分布となっていますが、関東ではなかなか見られません。昨年に続き、今年も長野県で見ることができました。。お天気が良く、気持ちの良い高原を楽しんできました。

K3__3600

  見頃の花でしたが、ピントがちょっと甘い写真になってしまいました。

K3__3716

 アップもピントがイマイチ・・・

 

| | コメント (0)

2019年10月 4日 (金)

高原の赤い実

  30日、八ヶ岳山麓で見た木の実です。この場所は花の時期には何度も行っていますが、この時期、訪れるのは初めてです。花は見ていた木の実を見ることが出来ました。

K3__3356

    (イボタヒョウタンボク 2019.9.30)

 花は枝の上部の葉のわきに2個ずつ咲きますが、果実は2個が並んでつき基部がくっつきひょうたん形になります。

K3__3323

     (チョウセンゴミジ 2019.9.30)

 和名は朝鮮五味子で、果実が甘味、酸味、辛み、苦味、鹹(塩味)を持つことから名付けられそうです。漢方薬や果実酒としても利用されます。

K3__3420

     (メギ 2019.9.30)

 枝の節に鋭い刺があります。棘が多いことから別名「コトリトマラズ」という別名が付けられています。花は黄緑色でなかなか可愛いです。

| | コメント (0)

2019年10月 3日 (木)

トリカブト

  30日、八ヶ岳山麓で見たトリカブトです。トリカブトは名前の同定は難しく、なにトリカブトなのか分かりません。あちこちで花が見られました。

K3__3464

     (トリカブトの仲間 2019.9.30)

 トリカブトは場所により、名前が分かることが多いのですが、帰って調べて見ましたがはっきりしませんでした。豪華な色合いの良い株でした。

K3__3389

| | コメント (2)

2019年10月 2日 (水)

サクラタデ

K3__2973

     (サクラタデ 2019.9.27)

 タデに仲間は小さい花が多いですが、タデの仲間では花が最も大きいです。以前は休耕田となった湿地で群落が見られましたが、休耕田も荒れ、群落は少なくなりました。田んぼの縁でひっそりと咲いていました。

K3__3015

 桜色の可愛い花です。花言葉は「愛くるしい」だそうです。

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »