« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

2020年3月31日 (火)

カタクリ

 27日以降お天気が悪く、春の花散策も思うようにいきません。

Dscn6363

     (カタクリ 2020.3.31)

 今年はもう遅いと思いながら、ひっそりと咲く、お気に入りの林に出かけました。やはり最盛期を過ぎていました。おまけに曇り空で、色もイマイチですが、これも自然の姿ですので良しとしましょう。

K3_7818

 花の中が見えるように下から・・・

| | コメント (0)

2020年3月30日 (月)

ミツバアケビ

Dscn6290

     (ミツバアケビ 2020.3.30)

 今年は早めにミツバアケビの花が咲き出していました。ミツバアケビの花はアケビに比べ小さく濃い紫色で目立ちませんがなかなか趣のある花です。上の大きい方が雌花で、下に房のように下がっているのが雄花です。

Dscn6278

 雌花です。

| | コメント (0)

2020年3月29日 (日)

ノミノツヅリ

Dscn6250

     (ノミノツヅリ 2020.3.26)

 3月18日にノミノフスマを紹介しましたが、それより花が少し小さいノミノツヅリです。どちらもナデシコの仲間で葉が小さいので蚤の名前がついています。フスマ(衾)は夜具のこと、ツヅリ(綴り)はつぎあわせた着物の事です。

Dscn6248

 ノミノフスマは花弁が深く2裂し花びらが10枚のように見えますが、ノミノツヅリは5枚の花弁は裂けません。

| | コメント (0)

2020年3月28日 (土)

マルバコンロンソウ

Dscn6260

     (マルバコンロンソウ 2020.3.26)

 コンロンソウは毎年見ているのですが、マルバコンロンソウは見る機会が少ないせいか、Blog初登場です。葉が丸く、背丈がコンロソウに比べ小型です。花びらもコンロンソウより少し小さく丸い感じです。

K3_7696

 昨日、イワウチワを見て下山後、登山口近くを散策した時に見られました。

| | コメント (0)

2020年3月27日 (金)

イワウチワ

K3_7672

     (イワウチワ 2020.3.26)

 この花も毎年欠かさずに見る花の一つで、地震の年以外は見に行っています。例年は4月になってから見に行っていますが今年は花が早いので早めに出かけました。一週間前から咲き出していたようで満開でした。

Dscn6196

 幸せなことに家から1時間ほどのあちこちの山で見られます。奥久慈のこの山は3年ぶりです。

K3_7606

K3_7641

| | コメント (0)

2020年3月26日 (木)

ショウジョウバカマ

K3__7537

     (ショウジョウバカマ 2020.3.25)

 シュンランと同時に咲き始めるショウジョウバカマも毎年、Blogに登場する花です。今年は色が薄いものが多いようですが雄しべも開き最盛期です。

Dscn6186

 ショウジョウバカマの開花はまず雌しべが伸び、その後は雄しべが伸びてきます。(雌性先熟といいます)。これは雌しべが開いた雌性期でまだ雄しべは開いていません。

| | コメント (0)

2020年3月25日 (水)

シュンラン

 2月に咲き始めたシュンランを紹介しましたが、見頃になってきましたので再登場です。

Dscn6025

     (シュンラン 2020.3.21)

  ジジババと呼ばれ全国に分布するシュンランは身近で見られ、一番親しまれているランです。ランの花としては地味ですが、早春の明るい林に咲いている黄緑色の花の姿は自然にとけ込み生き生きとしています。早春の欠かせない花です。

K3__7229

| | コメント (0)

2020年3月24日 (火)

ノジスミレ

Dscn6131

    (ノジスミレ 2020.3.24)

 ノジスミレが咲いているはずと隣町まで出かけました。冷たい北風が吹き寒い日となりましたが草むらに隠れるように咲き始めていました

Dscn6130

 ノジスミレはアリアケスミレと同じく人里近くで見られるスミレで、山のなかや高原などで見かけることは無いようです。

| | コメント (0)

2020年3月23日 (月)

オランダミミナグサ

Dscn6019

     (オランダミミナグサ 2020.3.21)

 今年は1月から咲き出していましたが、3、4月がオランダミミナグサの花の旬で、この時期になると一番きれいな状態の花が見られます。茎が緑のものが多いですが、茎が赤いものも見られます。

Dscn5660

 図鑑などではオランダミミナグサは茎は暗紫色を帯びないとありますが、こんな株も多く見られます。

| | コメント (0)

2020年3月22日 (日)

アマナ

K3__7449

     (アマナ 2020.3.21)

 アマナは以前は4月になってから見ていたのですが、ここ数年3月に見頃になります。今年もイワウチワより早く、アマナを見ることになりました。昨年より一週間ほど早く出かけましたが、田んぼの土手の草むらで満開状態でした。

K3_7463

 

| | コメント (0)

2020年3月21日 (土)

ユリワサビ

Dscn5989

     (ユリワサビ 2020.3.18)

 ワサビは清流わきに生えますが、ユリワサビは湿った礫地等に生えています。ワサビより小型で茎が地を這っています。葉の形も可愛いです。

Dscn5991

 アブラナ科の小さな花ですが、真っ白で葉が濃い緑色なので白が引き立ちます。

| | コメント (0)

2020年3月20日 (金)

アズマイチゲ

K3_7420

     (アズマイチゲ 2020.3.18)

 雑木林の白い妖精アズマイチゲが咲き始めました。キクザキイチゲも同じ場所に咲いています。花はそっくりですが葉の形が違います。この林は人に出会うことがないので、ゆっくりと花を楽しめます。

Dscn5970

 春の短期間だけ地上生活をするスプリング・エフェメラルと呼ばれる植物の一つです。

 

 

| | コメント (0)

2020年3月19日 (木)

ニリンソウ

K3_7389

     (ニリンソウ 2020.3.18)

 ニリンソウは4月が見頃で、その時期は色々な花が咲くので、Blogの出番は少ない花です。沢沿いで咲き始めたばかりの新鮮な花です。花数は少ないですが、白い花が目にしみます。他の花はまだ咲いていません。

K3_7323

| | コメント (0)

2020年3月18日 (水)

ノミノフスマ

K3__7304

     (ノミノフスマ 2020.3.17)

 田んぼの早春の花でハコベの仲間です。花はハコベにそっくりですが花びらが萼片より長いので花の白さが目立ちます。
花びらが10枚に見えますが、5枚の花弁が基部まで深く2裂に切れ込んでいます。

K3__7301

 お気に入りの花です。和名は小さな葉を蚤のふすま(夜具)に見立てたものですが、若い人は蚤など見たことないでしょうね。

| | コメント (0)

2020年3月17日 (火)

シキミ

Dscn5884

    (シキミ 2020.3.16)

 市内の山で早春にふさわしい上品な花のシキミの花が咲いていました。写真は撮ったのですが、葉に虫こぶがびっしりと付いていました。調べてみるとシキミミタマバエの虫こぶで、5月に羽化するそうです。今迄。見ていないので暖冬のせいでしょうか。

Dscn5902

| | コメント (0)

2020年3月16日 (月)

カントウタンポポ

Dscn5875

     (カントウタンポポ 2020.3.15)

 在来種のカントウタンポポが咲き始めました。セイヨウタンポポはほぼ一年中咲いていますが、カントウタンポポはこちらでは3月から5、6月頃までが花の時期です。この辺りでもセイヨウタンポポが広がり、在来種のカントウタンポポが減ってきています。

| | コメント (0)

2020年3月15日 (日)

アオイスミレ

K3_7181

     (アオイスミレ 2020.3.15)

 マイフィールドで最初に咲き出すスミレはアオイスミレですが、今年は道路脇のノジスミレスミレの次の2番手になりました。暖冬の割には開花は例年並みです。山道が崩れ、株が少なくなってしまいました。

K3__7170

 近くのタチツボスミレも咲き始めていましたので、いよいよスミレのシーズンの始まりです。

| | コメント (2)

2020年3月14日 (土)

モミジイチゴ

Dscn5789

     (モミジイチゴ 2020.3.13)

 清楚な真っ白な花が咲き始めました。葉の開き初めは赤っぽい色です。下向きに花を付けますので、ちょっと下から覗くと花も大きく見えます。

Dscn5821

 こちら花が大きく開き、葉は緑色になっています。葉が5裂し、モミジの葉に似ていることからつけられた名前です。

| | コメント (0)

2020年3月13日 (金)

ヒサカキ

Dscn5776

     (ヒサカキ 2020.3.13)

 午後から家の近くの山に散歩に・・山道に入るとあの嫌な臭いが、ヒサカキが咲き出していました。小さい花ですが、アップで見ると可愛い花です。雌雄別株で、これは雄花です。

Dscn5802

 こちらは雌花です。当地ではどこの山にもヒサカキが多く生育しています。サカキが生育していないので神棚のある家ではヒサカキをサカキの代用として供えます。

| | コメント (0)

2020年3月12日 (木)

ヤドリギ

Dscn5752

     (ヤドリギ 2020.3.11)

 ヤドリギは何度か見ているのですが、高い木の上で写真を撮る機会がありませんでした。山道で見つけたのでズームで撮って見ました。トリミングすると小さな花がなんとか見えます。花より実の方が目立つので、次は実を撮って見ます。

Dscn5734

| | コメント (0)

2020年3月11日 (水)

スハマソウ

 隣町の山のスハマソウが咲き出したとの情報があり、3年ぶりで出かけました。1時間ほど沢沿いの岩場を登りますのでなかなか毎年行けません。ここ15年ほどは3月下旬から4月上旬が見頃ですので、やはり今年は早いです。Dscn5722

 3、4分咲きで、今迄で一番花が新鮮で綺麗な状態でした。久しぶりの4、5時間ほどの山歩きでしたが、満足できる花が見られ、疲れも吹き飛びました。

Dscn5682

K3__7152

| | コメント (2)

2020年3月10日 (火)

ノジスミレ白花

Dscn5636

     (ノジスミレ白花 2020.3.7)

 例年、地元でのスミレで一番早く見られるのはアオイスミレですが、今シーズンの一番手はノジスミレの白花になりました。4、5日前まで道路工事していて通行止になっていた道路の端です。工事中に咲いたようです。昨年より10日以上早い開花です。

| | コメント (2)

2020年3月 9日 (月)

コオニタビラコ

K3__7016

     (コオニタビラコ 2020.3.9)

 今年は暖かいので、コオニタビラコ(春の七草のホトケノザはこれです)が咲き出したかと、七草を摘んだ田んぼに行って見ました。ポツリポツリと咲き始めていました。七草摘みの時はあまり株が見られなかったのですが、稲わらの中に隠れていたようで、株は沢山ありました。

Dscn5652

 あと5、6日すれば見頃になるでしょうが、花の時期が田んぼを耕す時期なので、耕されてしまい見られない事も多いです。

| | コメント (0)

2020年3月 8日 (日)

スズメノテッポウ

K3__7000

     (スズメノテッポウ 2020.3.7)

 耕す前の田んぼのゲンゲの中から顔を出していました。スズメノテッポウは田んぼ雑草ですが、子供の頃、花茎を抜き取り草笛にしピーピー鳴らして遊んだ懐かしい草です。

| | コメント (0)

2020年3月 7日 (土)

ネコノメソウ

K3_6982

     (ネコノメソウ 2020.3.7)

 例年、お彼岸頃に見頃になるネコノメソウが散歩道の流れの脇でもう咲いていました。ネコノメソウの仲間は大抵が**ネコノメと頭に何かつきますが、何もつかないネコノメソウです。これから色々なネコノメソウの仲間が見られます。

| | コメント (0)

2020年3月 6日 (金)

ミチタネツケバナ

K3_6952

     (ミチタネツケバナ 2020.3.6)

 田んぼではタネツケバナの花が綺麗に咲いていますが、帰化種のミチタネツケバナもよく見られます。ミチタネツケバナは長角実が花と接近し、直立し花より上に付きだしています。比較のためにタネツケバナを下に載せます。

K3_6962

     (タネツケバナ 2020.3.6)

 こちらが在来種のタネツケバナです。

| | コメント (0)

2020年3月 5日 (木)

トウダイグサ

Dscn5596

     (トウダイグサ 2020.3.5)

 トウダイグサも春、いち早く咲き出す花です。そろそろかといつもの場所2箇所を覗いて見ましたが、消えてしまったようで、先日、見つけた道端に行って見ました。花は地味ですが、葉が奇麗です。

| | コメント (0)

2020年3月 4日 (水)

ケキツネノボタン

K3__6941

     (ケキツネノボタン 2020.3.3)

 田んぼの雑草としておなじみのケキツネノボタン、花盛りは4月になってからですが、田んぼの流れの淵で数株、咲き始めていました。ケキツノボタンは全体に毛が多いです。キツネノボタンとケキツネノボタンとの違いは毛のほか、葉や実も少し違います。

| | コメント (0)

2020年3月 3日 (火)

ニワトコ蕾

Dscn5568

     (ニワトコ 2020.3.1)

 ニワトコの花芽が開き始め、ブロッコリーのような蕾が広がってきました。蕾の両脇の細長い複葉も開いてきました。漢字では「接骨木」と書きますが、ニワトコの枝や幹を骨折の治療に用いたためといわれています。

| | コメント (0)

2020年3月 2日 (月)

ネコヤナギ

Dscn5545

     (ネコヤナギ 2020.3.1)

 2月10日に紹介した蕾が開花しました。赤い葯から黄色い花粉を出しており、夕日を受けとてもきれいでした。毎年、見ている場所です。一週間ほど開花が早いようです。

Dscn5542

| | コメント (0)

2020年3月 1日 (日)

ダンコウバイ

K3_6909

    (ダンコウバイ 2020.3.1)

 マイフィールドで春一番に咲かせる樹木ですので、今年はもう咲いているかと(例年は3月中旬)市内の中央部の山に出かけました。しっかり咲いていました。この花が見られると山にも春が来たのを実感できるのですが、この山でアブラチャンと一緒に咲くアオイスミレやユリワサビはまだ咲いていませんでしたのでまだ春が感じられません。

K3__6894

| | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »