« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

2020年4月30日 (木)

アケボノスミレ

 今シーズンはスミレをあまり見ないうちに4月も終わり、地元で見られるスミレも残り少なくなりました。今シーズンまだBlog未紹介のスミレを・・・

K3_9488

 5月になってからも見られるのですが、山歩きはまだできそうもありませんので。4月中に見たものを・・

K3_9503

| | コメント (0)

2020年4月29日 (水)

セキショウ

K3_9283

      (セキショウ 2020.4.28)

 田んぼ脇の流れの脇で咲いていました。写真を撮ったのは初めてかもしれません。ショウブの仲間で、サトイモ科だったのが新分類でショウブ科になっていたんですね。色々の効能があり昔から薬草として知られています。

K3_9289

 目立たない花ですが、涼しげな、清々しい感じがします。

| | コメント (0)

2020年4月28日 (火)

ウワミズザクラ・イヌザクラ

  今朝の散歩道にはよく似たウワミズザクラとイヌザクラがあります。花期が少し違うので同時に花を見られることが少ないのですが、日当たりの加減か両方の花が見られました。

Dscn7103

      (ウワミズザクラ 2020.4.28)

  日当たりがあまりよくない場所のせいか、まだしっかり花が見られました。小さな花びらが集まり,穂状に咲きますので「サクラの花」というイメージではありませんが、れっきとしたサクラです。

Dscn7219

      (イヌザクラ 2020.4.28)

  ウワミズザクラの場所の反対側の道で日当たりが良い場所です。花序の半分くらいまで咲いていました。ウワミズザクラの方が白色が鮮やかに見えます。

| | コメント (0)

2020年4月27日 (月)

シロツメクサ

K3_9255

      (シロツメクサ 2020.4.27)

  クローバと呼ばれる身近な草です。例年この時期スミレなどを追いかけ県外などに出かけることが多いので出番がない花です。咲き始めの綺麗な花が見られる時期です。

K3_9276

 こちらは花びらの元が赤っぽく色づいているタイプです。

| | コメント (0)

2020年4月26日 (日)

ムラサキケマン

K3_9195

      (ムラサキケマン 2020.4.26)

  草むらで朝露に濡れ、ムラサキケマンガ生き生きとしていました。早朝散歩も良いですね。真ん中の花に朝日の木漏れ日が当たってピンクに輝いていました。

K3_9182

 優しい色合いで、しっとりとした感じで撮れました。

| | コメント (0)

2020年4月25日 (土)

ムシクサ

Dscn7016

      (ムシクサ 2020.4.22)

 まだ耕されていない、近くの田んぼでまとまって生えていました。何度か見ているのですが、Blog初登場です。何故「虫草」の和名が付いているのか調べて見ると、ゾウムシの仲間が、子房に虫えいを(虫こぶ)をつくり、果実のようになるので付けられたそうです。

Dscn7021

 2、3mmの小さな花ですので、近づいて見ないと確認できません。曇りのせいかあまり開いていませんでした。

| | コメント (0)

2020年4月24日 (金)

ホタルカズラ

 今週から山歩きは自粛、しばらくは家の近くの早朝散歩に変えました。家の周りで見られる花の紹介になります。

Dscn6998

     (ホタルカズラ 2020.4.22)

 家の近くの林脇の日当りの良い草むらです。ここ数年で株数が増えてきました。青紫色の花は魅力的です。花後、枝を横にを伸ばし増え、翌年先端に花をつけます。

Dscn6995

| | コメント (0)

2020年4月23日 (木)

オトメフウロ?

 田んぼ脇で見かけないフウロソウの花を見かけました。群生しており、帰化植物のようです。一昨年までアメリカキンゴジカが生えていましたが、昨年から見なくなりました。

Dscn7037

     (オトメフウロ? 2020.4.22)

 家に帰り帰化植物図鑑で調べて見ると、ヨロッパ原産のオトメフウロのようです。アメリカフウロに似ています、花は直径7mmほどで、アメリカフウロより花の色が濃く、葉の切れ込みが細かいです。

Dscn7035

  濃いピンク色で。花弁の先が少し凹んでします。

| | コメント (2)

2020年4月22日 (水)

ヤエムグラ

Dscn6956

     (ヤエムグラ 2020.4.21)

 人里のおなじみの植物で、子供の頃「勲章草」と呼び茎の先の方を採って胸に付けて遊んだものです。冬、紅葉した葉に霜が降りた姿は良く撮りますが、花はBlog初登場です。

Dscn6958

この時期、黄緑色の地味な花が、薮のように繁った葉の陰に隠れるように咲いています。

| | コメント (0)

2020年4月21日 (火)

チゴユリ

 ヤマツツジが咲き出すと山では山菜採りの人達に良く出会います。そんな時期に咲き出すのがチゴユリです。山も春の花から初夏の花に変わてきます。

K3_9121

     (チゴユリ 2020.4.19)

 葉の陰に隠れるように下向きに咲いています。花も小さく、花の色もちょっとくすんだ白色ですのであまり目立ちません。咲き始めの葯のきれいなものが見られました。

K3_9136

 小型でかわいらしいユリという意味で,稚児百合の名がありますが。新分類ではユリ科からイヌサフラン科になりました。

 

 

| | コメント (0)

2020年4月20日 (月)

ヤマツツジとヤマブキ

  昨日、久しぶりで市内の山道を散策。あっっという間に若葉が開き、ヤマツツジも咲き出していました。人にもほとんど出会わずのんびり森林浴ができました。

K3_9086

      (ヤマツツジ 2020.4.19)

 ヤマツツジは地元の山では何処でも見られますが、若緑の中で咲き出したばかりのちょっと薄い色のヤマツツジは目にも優しく、心が癒されます。

K3_9081

      (ヤマブキ 2020.4.19)

 こちらも光線が柔らかだったので、若葉と調和し優しい感じのヤマブキが見られました。

| | コメント (0)

2020年4月19日 (日)

ハルジオン

K3_8995

      (ハルジオン 2020.4.17)

 身近な花すぎて、Blogに登場するのは久しぶりです。田植え時期の5月に田んぼをバックに撮ることが多く、4月に撮るのは珍しいかもしれません。花の色は白~紅紫色まであり、蕾みの時はうなだれています。北アメリカ原産ですが、優しい色ですのでしっかり日本の風景にとけ込んでします。

K3_8989

| | コメント (2)

2020年4月18日 (土)

キュウリグサ

K3_9063

      (キュウリグサ 2020.4.17)

 キュウリグサは花が少ない、3月に咲きはじめを撮ることが多いですが、花の最盛期にはあまり撮っていません。ワスレナグサと同じムラサキ科の仲間で花は小さいですが、淡い青紫色の花はアップで見ると可愛いです。散歩道の草むらに隠れるように咲いていました。

K3_9061

| | コメント (0)

2020年4月17日 (金)

オオジシバリ・ジシバリ

K3_9002

      (オオジシバリ 2020.4.17)

 オオジシバリは湿ったところが大好きです。田んぼ道ではよく見かけますが、山道では見ることが少ないです。秋にも咲いていることが多いので、見る機会が多い花です。花の色はクリーム色がかった黄色です。

K3_9036

     (ジシバリ 2020.4.17)

 ジシバリは場所は選ばず、土があれば何処でも生育しますが、何故か見る機会が少なくBlog初登場です。花はオオジシバリより気持ち小さく、花柄が短く、葉身も短いです。

 

| | コメント (0)

2020年4月16日 (木)

ミミガタテンナンショウ

K3_8890

  (ミミガタテンナンショウ 2020.4.15)

 4月になると山道にニョキニョキと顔を出しています。日除けのようにかぶさっている紫色のものは仏炎苞 といい、その口の部分が耳たぶのように張り出すので耳形の名前が付けられたました。寄り添う夫婦でしょうか?

K3_8630

 こちらは三兄弟?逆光で見ると紫色の仏炎苞に淡黄色の筋が浮き立ってとても幻想的です。

| | コメント (2)

2020年4月15日 (水)

アケビ

K3_8611

      (アケビ 2020.4.10)

 散歩道のあちこちでアケビが見事に咲いています。今年は花付きが良いようです。山では葉が3枚(3出複葉)のミツバアケビが多いのですが、家の近くでは葉が5枚のアケビの方が良く見られます。
花な大きい方が雌花、クリーム色の小さい方が雄花です。

Dscn6895

| | コメント (0)

2020年4月14日 (火)

トウゴクサバノオ

K3_8714

      (トウゴクサバノオ 2020.4.10)

 4月6日に見に行ったのですが、花の開きがイマイチだったので11日に再訪しました。お天気も良く綺麗に咲いていました。淡い黄白色の花弁状の萼片と黄色い花弁が可愛い花で、毎年、楽しみにしている見る早春の花の一つです。

K3_8723

| | コメント (0)

2020年4月13日 (月)

ニオイタチツボスミレ

K3_8497

 K3_8541

      (ニオイタチツボスミレ 2020.4.9)

 鮮やかな紫紅色で花は丸みがあり、中心部がはっきり白く抜けて魅力的なスミレです。スミレは場所により、咲くスミレが違うことが多いです。この場所はタチツボスミレとニオイタチツボスミレしか見られません。

K3_8497

| | コメント (2)

2020年4月12日 (日)

ゲンゲ

K3_8587 

      (ゲンゲ 2020.4.10)

 散歩道の田起こしのされていない田んぼでゲンゲが咲き始めていました。以前はあちこちの田んぼで見られましたが、最近稲刈りが終わるとすぐ耕してしまうのであまり見られなくなりました。

K3_8602

 少なくなったとはいえ、ところどころ田植えを急がない田んぼでは、水入れ前にピンクの花が見られます。まだ咲き始めたばかりで蕾も多いです。

| | コメント (0)

クロモジ

Dscn6621

      (クロモジ 2020.4.7)

 たまには木の紹介です。 葉展開と同時に、淡黄緑色の花を付けます。この花が咲くと、春を肌で感じます。クスノキ科の特徴で、枝を折ると、独特の香気があり、高級爪楊枝に使われました。

| | コメント (0)

2020年4月11日 (土)

ナガバノスミレサイシン

   家の近くの山にもわずかに生育していますが、花は滅多に見られないスミレです。筑波山は個体数が多いので、今年も見に出かけました。その翌日、近くの山で花をつけた株を見ることが出来ました。ここで花をつけた株を見たのは初めてで、嬉しい出会いです。

K3_8310

      (筑波山 2020.4.7)

  太平洋側に分布するスミレですが、茨城県内では筑波山以外では稀にしか見られません。

K3__8422

      (地元近くで見たもの 2020.4.8)

 

| | コメント (0)

2020年4月10日 (金)

紫色のキクザキイチゲ

K3_8343

     (キクザキイチゲ 2020.4.7)

 キクザキイチゲの花、福島県に行けば紫青色のものも見られますが、地元ではキクザキイチゲの花は白色しか見られません。県内では筑波山で見られます。他にも見たい花があるので、行ってきました。

K3_8337

 色が濃いもの、淡いもの、白色など仲良く咲いています。

K3_8402

 色の濃い株です。

| | コメント (0)

2020年4月 9日 (木)

アブクマトラノオ

Dscn6605

     (アブクマトラノオ 2020.4.6)

 アブクマオラノオは20年前、今は亡き福島県の花友さんに教えてもらいました。その後、地元でハルトラノオと思って見ていた多くものがアブクマトラノオであることがわかりました。花はハルトラノオにそっくりですが、1つ1つの花の柄が長いことで見分けられます。宮城県から茨城県にかけた阿武隈山地で見られます。

Dscn6603

     (アブクマトラノオ 2020.4.6)

K3_8277

     (ハルトラノオ 2020.4.7)

 こちらがハルトラノオです。

| | コメント (0)

2020年4月 8日 (水)

タカオスミレ

K3_7751

     (タカオスミレ 2020.3.31)

 このスミレは花付きが悪いようで、葉は沢山の見られますが、花は1、2個のものが多いです。今年は3月末に咲き出しましたが、その後、寒さが来たため、4月になってから、ポツポツ咲き出しています。マイフィールではこの場所でしか見ていません。

K3_8134

     (タカオスミレ 2020.4.6)

 ヒカゲスミレの葉の表面がこげ茶色から黒紫色になるものはタカオスミレ(東京の高尾山で採集されたもの)と名付けられています。

K3_8174

| | コメント (0)

2020年4月 7日 (火)

ジロボウエンゴサク

K3_8082

   (ジロボウエンゴサク 2020.4.6)

 この仲間(ケシ科キケマン属)は似たような花が咲きます。花の色は黄色と青色、赤紫色があります。そんな中でジロボウエンゴサクは紅紫色です、一番弱々しい感じです。山道の草むらで咲いていたものです。

K3_8101

 伊勢地方で子供がスミレを太郎坊、この花を次郎坊と呼び子供が花の距を引っ掛けて遊んだことからこの名が付いたそうです。

| | コメント (0)

2020年4月 6日 (月)

エイザンスミレ・マルバスミレ

K3_7908

     (エイザンスミレ 2020.4.3)

 エイザンスミレは3月末から咲き始めます。花の色や形の変化が多く、場所により色々なタイプが楽しめます。

K3_7977

    (マルバスミレ 2020.4.5)

 桜が咲き始める頃、咲き出します。咲き始めでこれから次々と咲き出します。真っ白なふっくらと丸みのある可愛いスミレです。

| | コメント (0)

2020年4月 5日 (日)

マキノスミレ

   植物学者牧野富太郎を記念して名前付けられたマキノスミレが咲き出すと、当地のスミレシーズンが始まります。昨年、見つけた場所を含め4箇所見てきました。

K3_7897

     (マキノスミレ 2020.4.3)

 小型ですが紅紫色花の色が何とも言えません。ピントたてた葉も良いです。私のフィールドで見られるマキノスミレは他の場所のものより花が小さいように感じます。

K3_8014

     (マキノスミレ 2020.4.4)

K3_8026

     (マキノスミレ 2020.4.4)

K3_8059

     (マキノスミレ 2020.4.4)

| | コメント (2)

2020年4月 4日 (土)

キクザキイチゲ

K3_7961

     (キクザキイチゲ 2020.4.3)

 3月末に行った時は曇って寒い日だっため花が開いていなかったので、もう遅いかと思いながら昨日、覗いてみると、まだ残っていてくれましたので紹介しておきます。

K3_7955

| | コメント (0)

2020年4月 3日 (金)

オドリコソウ

K3_7882

     (オドリコソウ 2020.4.2)

 オドリコソウは4月中旬から5月にかけてが見頃ですが。今年はスミ観察の前に咲き出しました。この辺りではこの薄いピンクのものが一番多く見られます。淡い黄色の花があるのですが、今日は見られませんでした。

K3_7869

 午後からの散歩中の撮影でしたので、夕日を受けた優しい感じに撮れました。

 

| | コメント (0)

2020年4月 2日 (木)

カキドオシ

K3_7851

     (カキドオシ 2020.4.2)

 田んぼ脇の草むらに咲いていました。可愛い花ですが、茎がつるになり 繁殖力が旺盛であちこちで広がるので あまり見向きされません。シソ科で、葉を揉むと良い香りがし、和製ハーブといったところです。

K3_7861

| | コメント (0)

2020年4月 1日 (水)

クサイチゴ

Dscn6321

     (クサイチゴ 2020.3.30)

 背が低く草のように見えるので草の名前を付けられたようですが、木苺です。花が大きい(直径4cm)ので真っ白い花が良く目立ちます。実も大きく、ちょっと薄味ですがとても美味しい木イチゴです。今年は早めに咲き始めていました。

Dscn6318

| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »