« ササバギンラン | トップページ | ヒメヘビイチゴ »

2020年5月18日 (月)

嬉しい出会い、ワニグチソウ

 ワニグチソウを最初に見たのは福島県、もう20年前です。その後どこかで見ている気がしますが写真はありません。地元の記録でもごくまれに見られるとなっていますが、見つけることができませんでした。何度も歩いている市内の山で見ることができました。いつも歩く道をちょと脇にそれた小道でした。嬉しい出会いです。

K3_0596

      (ワニグチソウ 2020.5.17)

 ナルコユリやアマドコロの仲間ですが、葉の基部から伸びる花柄に屋根状に苞(苞葉)がつくのが特徴です。この仲間は淡緑色の地味な花ですが、風情がある植物です。

K3_0542

 花を包んでいる苞が、神社やお寺にある平べったい鈴(鰐口)に似ている事から名づけられたそうです。

|

« ササバギンラン | トップページ | ヒメヘビイチゴ »

コメント

さむさん

おはようございます。
私も記憶ではもっと小さい印象でしたから、最初目に入った時は???と思いました。図鑑を見直すとこんな大きさだったんですね。咲き始めでこれから花が次々と開くところです。

投稿: やまそだち | 2020年5月19日 (火) 08:01

ありゃりゃ、ずいぶんゴージャスなワニグチソウですね。
私は先日この花をさがしたのですが、まだつぼみだったです。
蕾も4個くらいしかありませんでした。
うらやましいです。

投稿: さむ | 2020年5月18日 (月) 21:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ササバギンラン | トップページ | ヒメヘビイチゴ »