« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

2021年3月

2021年3月31日 (水)

ニオイタチツボスミレ

K3_1416

        (ニオイタチツボスミレ 2021.3.29 )

 当地では比較的、遅く咲くスミレで例年4月中旬が見頃ですが、今年はもう満開状態でした。

K3_1485

 花の色が鮮やかなので、花の中心部の白い部分が良く目立ちます。花の色は濃い紫色から紫紅色と変化があります。

K3_1476

 花の色が鮮やかなので、花の中心部の白い部分が良く目立ちます。花の色は濃い紫色から紫紅色と変化があります。

| | | コメント (2)

2021年3月30日 (火)

スミレ散策

 先週、マイフィールドで見られたスミレです。

K3_0992

       (アオイスミレ )

  すらっとした美人さん

K3_1215

     (ナガハシスミレ)

  日本海側に多いスミレで当地では稀に見られ、個体数が少ないスミレ。

K3_1329

    (コスミレ)

 畑の脇でで見られました。

K3_1352

    (ノジスミレ)

 人里近くで見られます。

 

| | | コメント (0)

2021年3月29日 (月)

トウゴクサバノオ・ミヤマカタバミ

 沢ぞいのカタクリ、キクザキイチゲは最盛期を過ぎていましたが、少し遅れて咲くトウゴクサバノオ・ミヤマカタバミが見頃になっていました。K3_1159

       (トウゴクサバノオ 2021.3.27 )

 例年は4月になってから見頃になります。小さな花ですが、何とも可愛い花です。直径7、8ミリの花びらのように見えるのは萼片です。

K3_1156

K3_1285

       (ミヤマカタバミ 2021.3.27 )

 木陰にひっそりと咲くミヤマカタバミ、日が差さないと花を開いてくれません。歩き始めには開いていませんでしたが、帰りには綺麗に開いてくれました。

K3_1303

画像をクリックすると大ききなります。

| | | コメント (0)

2021年3月28日 (日)

キクザキイチゲ

K3_1089

       (キクザキイチゲ 2021.3.27 )

 昨日、カタクリを見た場所で、キクザキイチゲも最盛期を過ぎていました。沢ぞいの涼しそうな場所を狙って撮ったものです。同じ場所でも環境が少し変わるだけで花の時期も差があります。

K3_1078

 マイフィールドには白花しかありませんが、この時期、見逃せない清楚な花です。

K3_1294

| | | コメント (0)

2021年3月27日 (土)

カタクリ

 今年は早春の花の開花がかなり早く、晴れの日も続かず、出遅れ気味です。先日は曇りで花を開いていなかったキクザキイチゲ・カタクリなどはどうか出かけました。ほとんど終盤、日陰に咲く株を探して藪の中に・・・

K3_1266

      (カタクリ 2021.3.27 )

 何とか綺麗な株がいくつか見られました。トウゴクサバノオ・ミヤマカタバミなどが見頃になっていました。(明日紹介します)

K3_1085

 誰もいませんので、独り占めです。

K3_1266_20210327191401

 

| | | コメント (0)

2021年3月26日 (金)

イワウチワ(岩団扇)

K3_0723

       (イワウチワ 2021.3.24 )

 ハナネコノメを見た後、沢の脇の岩山のイワウチワを覗いて見ました。もうだいぶ咲いていました。急な山道を頂上付近まで行けば群落が見られるのですが、かなり時間がかかるので、今回は途中で引き返しました。

K30729

 山の北斜面の岩場で見られます。一昨年の大雨で木が倒れ、日が入るようになった場所のものは消えてしまいました。日陰が好きな花です

K3_0802

| | | コメント (0)

2021年3月25日 (木)

ハナネコノメ

 一昨年8月の沢が溢れるほどの大雨で流され、昨年は一株も見られなかったハナネコノメ、もしかしたら復活しているかと、出かけました。嬉しい事に3箇所で見られました。

K3_0827

       (ハナネコノメ 2021.3.24 )

 直径5mm位の小さい花でが、ネコノメソウの仲間は地味な花が多いなか、ハナネコノメの花(萼片)は白で赤い葯との対照が美しいです。

K3_0831

 マイフィールではなかなか見られないので嬉しい日になりました。

K3_0847

| | | コメント (2)

2021年3月24日 (水)

アマナ

Dscn5031

       (アマナ 2021.3.23 )

 お天気が悪く、見に行けず気になっていたアマナを見に出かけました。今年は花が早く、3、4日ほど遅かったようですが、なんとか見られました。

K3_0696

 田んぼ脇の土手一面に咲くのですが、2年ほど前からイノシシ避けのフェンスが張ら、中には入れませんが、脇の草むらにも沢山生えています。

K3_0691

| | | コメント (2)

2021年3月23日 (火)

マキノスミレ

K3_0663

       (マキノスミレ 2021.3.23 )

 こちらで比較的早く咲き出すマキノスミですが、今迄で一番早く見られました。当地で咲くマキノスミレは花が小さく、葉も小さいです。

K3_0669

 植物学者牧野富太郎を記念して名前付けられたスミレです。小型ですが紅紫色花の色が何とも言えません。ピントたてた葉も良いです。

Dscn5007

| | | コメント (0)

2021年3月22日 (月)

コオニタビラコ

Dscn4973

コオニタビラコ 2021.3.22 

       (コオニタビラコ 2021.3.20 )

 なかなか見られなくなったコオニタビラコ(春の七草のホトケノザ)が近くの田んぼの畔に復活していました。10数株花を咲かせていました。

Dscn4972

 花としてはキク科のありふれた花と同じですが、見る機会が少なくなった水田植物です。

Dscn4966

| | | コメント (0)

2021年3月21日 (日)

ショウジョウバカマ

K30596

       (ショウジョウバカマ 2021.3.20 )

 シュンランが咲くとショウジョウバカマも咲き出します。あいにくのどんよりした曇り空ですが、明日から雨模様なので見に出かけてきました。もう少し光が欲しかったのですが、自然相手ですから自然のままに。

2k30550

 昨年より早く咲き始めたようで、満開状態のものが多かったです。

K3_0556

| | | コメント (0)

2021年3月20日 (土)

ノミノフスマ(蚤の衾)

Dscn4934_20210320190801

       (ノミノフスマ 2021.3.19 )

 この時期、田起こし前の田んぼで見られるハコベの仲間の可愛い花です。花びらが10枚に見えますが、5枚の花弁が基部まで深く2裂に切れ込んでいます。

K3_0523

 綺麗に開いている花はなかなか見られないのですが、風のない暖かい午後の田んぼ縁で綺麗な花が見られました。

K3_0530

 和名は小さな葉を蚤の衾(夜具)に見立てたものです。

| | | コメント (0)

2021年3月19日 (金)

シュンラン

K3_0438

       (シュンラン 2021.3.18 )

 地元の山のシュンランがあっという間に咲きだし、花茎も大分伸びていました。この山は株数が多く、まだ蕾のものありますのでしばらく花が楽しめます。

K3_0490

| | | コメント (0)

2021年3月18日 (木)

スハマソウ(2)

K3_0330

K3_0319

K3_0314

| | | コメント (2)

スハマソウ

K3_0264

       (スハマソウ 2021.3.16 )

 昨年、3年ぶり出かけた場所です。結構大変な場所なので今年はどうしようか迷っていたところ花友さんから声がかり出かけました。昨年(3月11日)は3、4分咲きでしたが、今年は7、8分咲きで花数も増えていました。

K3_0281

 以前は4月初めが見頃だったのですが、花期が年々早くなっているようです。

K3_0275

| | | コメント (0)

2021年3月17日 (水)

アズマイチゲ

K3_0402

      (アズマイチゲ 2021.3.16 )

 スプリング・エフェメラルと呼ばれる春の妖精の一つのアズマイチゲが隣町の土手で咲いていました。アズマイチゲは比較的早く咲き、この後アマナ、イチリンソウ、カタクリなどの春の妖精達が次々と咲き出してます。

K3_0432

 

| | | コメント (2)

2021年3月16日 (火)

アオイスミレ

 マイフィールドで最初に咲き出すスミレはアオイスミレですが、今年は昨年に続き昨日のノジスミレスミレの次の2番手になりました。

K3_0428

      (アオイスミレ 2021.3.16 )

 タチツボスミレのようにすっきりと立ち上がった端正な花ではありませんが、何となくおどけたような愛嬌があるこのスミレもお気に入りです。

K3_0415

| | | コメント (2)

2021年3月15日 (月)

そろそろスミレシーズン

 西の方ではもうスミレが大分咲き出しているようですが、マイフィールドでもようやく咲き出したようです。

K3_0211

       (タチツボスミレ 2021.3.14 )

 家の近くの林の日当たりの良い場所で咲き出しました。

K3__0229_20210315191901

       (ノジスミレ白花 2021.3.15 )

 散歩道の道路脇の間で大分咲いていました、日当たり良い場所です。

| | | コメント (2)

2021年3月14日 (日)

フラサバソウ

K3_0193

      (フラサバソウ 2021.3.12 )

 オオイヌノフグリと同じ仲間の帰化植物で、花の大きさはオオイヌノフグリの半分くらいの淡い青紫色の花を咲かせます。名前の由来はこれを長崎で採集したフランスの植物学者フランセとその採集品を研究したサバチエの名前の頭の2文字ずつをとり、フラサバソウと名付けられたそうです。

K3_0196_20210314211201 

| | | コメント (4)

2021年3月13日 (土)

ヒサカキ

Dscn4676

      (ヒサカキ 2021.3.9 )

 悪臭があるので、あまり好まれない花です。 当地ではどこの山にもヒサカキが多く生育しています。サカキが生育していないので神棚のある家ではヒサカキをサカキの代用として供えます。

| | | コメント (0)

2021年3月12日 (金)

オランダミミナグサ

K3_0157

       (オランダミミナグサ 2021.3.12 )

 ヨーロッパ原産の帰化植物です。2月から咲き出していますが、3、4月が見頃になります。あまり見られなくなってしまった在来種のミミナグサは花期が遅く4月にならないと咲き出さないようです。

K3_0163

 萼片に腺毛が多く、花弁の切れ込みがミミナグサよりやや深いものが多いです。花の付き方が違うので見分けられます。

| | | コメント (0)

2021年3月11日 (木)

アセビ(馬酔木)

Dscn4694

       (アセビ 2021.3.7 )

 万葉集にも詠まれている日本固有種で、全国的に良く知られている常緑低木です。当地の山でも沢山見られ見頃になっていました。

K3_0116

 有毒で馬が食べると足がふらつきくそうで「馬酔木」の名がついています。「鹿食わず」の名もあるそうです。

K3_0134

 壺型の花が賑やかにぶら下がって咲きます。

| | | コメント (0)

2021年3月10日 (水)

ユリワサビ

K3_0055

       (ユリワサビ 2021.3.6 )

 近場の山でコセリバオウレンの次に咲き出すのはアオイスミレやユリワサビです。沢の脇のがれ場でひっそり咲いていました。葉が濃い緑色なので真っ白な花が引き立ちます。

Dscn4551

 花の花期は微妙で難しいですね。この山では例年ユリワサビが咲く時期にはアオイスミレも咲いていますが、今年はアオイスミレは咲いておらずユリワサビだけが咲いていました。

| | | コメント (0)

2021年3月 9日 (火)

ダンコウバイ

Bk3_0083

       (ダンコウバイ 2021.3.6 )

 市内の山で鮮黄色のダンコウバイが咲き始めました。春、一番先に咲き始める樹木です。芽吹き前の山ではひときわ春を感じさせてくれます。

K3_0105

 黄色い花はなぜか春を感じさせてくれます

 

| | | コメント (0)

2021年3月 8日 (月)

トウダイグサ

K3_0022

       (トウダイグサ 2021.3.5 )

 まだ花が少ないこの時期に咲き出す花です。トウダイグサの仲間は地味な目立たない花を咲かせます。赤い茎が目立ち、葉が奇麗です。よく似たナツトウダイは4月に、タカトウダイは7月に咲きます。

K3_0040

| | | コメント (0)

2021年3月 7日 (日)

早春の田んぼ道

 暖かい日が2日ほど続き、田圃道も花が賑やかに なってきました。

K3_9969

 ヒメオドリコソウ・オオイヌノフグリ・ミチタネツケバナ

K3__9966

コハコベ・オオイヌノフグリ・ミチタネツケバナ

K3_9958

      ノミノフスマ

Dscn4573

  ウメ

 

| | | コメント (0)

2021年3月 6日 (土)

ホトケノザとヒメオドリコソウ

 散歩道ではホトケノザが最盛期を迎え、よく似たヒメオドリコソウの花が増えてきました。良く似た花ですが、一緒に生えていることは少ないです。

K3_9976

 ホトケノザとヒメオドリコソウが仲良く、混じって咲いていました。

K3_9994

| | | コメント (0)

2021年3月 5日 (金)

フキノトウ

K3_9923

       (フキノトウ 2021.3.5 )

 久しぶりで隣町の田んぼ脇を散歩したら、流れの縁にフキノトウが出ていました。先日、フキノトウを頂き、天ぷらにして食べました。天ぷらにすると苦味が消えますが、春の香りを楽しみました。

K3_9932

 フキは雌雄異株で、この株は黄色いので雄花です。雌株は白っぽい花です。雌花は花が咲く時期が、雄花よりも遅いようです。

| | | コメント (0)

2021年3月 4日 (木)

枯れ草の中のセイヨウタンポポ

Dscn4515

       (セイヨウタンポポ 2021.3.4 )

 そろそろ在来種の関東タンポポが咲き出したかと、探してみましたが、まだちょっと早かったようです。セイヨウタンポポが枯れ草の中で気持ち良さそうに咲いていました。(写真をクリックすると大きくなります。)

K3_9892

| | | コメント (0)

2021年3月 3日 (水)

ツクシ芽生え

K3_9896

       (ツクシ芽生え 2021.3.3 )

 西の地方ではツクシが出てきたとの声が聞こえてきましたので、散歩道で探して見ました。冷たい風が吹く、畑脇の草むらに2、3本顔出しているのを見つけました。ツクシ摘みももうすぐできそうです。

K3_9912

| | | コメント (2)

2021年3月 2日 (火)

ヤマネコノメソウ

 昨日、コセリバウレンを見た帰りに山の沢の縁で咲いていました。山の名前が付けられていますが、田んぼ脇の流れの脇などでよく見られます。

K3_9874

       (ヤマネコノメソウ 2021.2.27 )

 当地で見られるネコノメソウの仲間は9種ほどありますが、ヤマネコノメソウが一番早く咲き出します。

K3_9875

 ヤマネコノメソウは萼裂片も黄緑色で目立ちません。

| | | コメント (4)

2021年3月 1日 (月)

ネコヤナギ咲き始め

 2月11日に膨らんできたふわふわのネコヤナギの花芽を紹介しましたが、今日覗いてみると咲き始めていました。

Dscn4502

       (ネコヤナギの雄花 2021.3.1 )

 ヤナギは雌雄別株で、これは雄株。赤いのが花粉を貯めておく葯で、黄色い花粉が出始めでいます。朝日を浴びて、葯と花粉の色合いが綺麗です。(雌花は白っぽく目立ちません)

Dscn4480

| | | コメント (0)

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »