« ハルジオン(ハルジョオン) | トップページ | チゴユリ »

2021年4月19日 (月)

ツクバキンモンソウ

K3_2870

       (ツクバキンモンソウ 2021.4.18 )

  地元茨城県の筑波山で初めて採集されて中井猛之進博士により名前がつけられた植物です。こちらの山では良く見られます。

K3_3007

 ニシキゴロモの変種でニシキゴロモは日本海側にツクバキンモンソウは太平洋側に生育します。ニシキゴロモは茨城県では見られません。

Dscn5436

 ニシキゴロモとの違いは花の上唇の長さの違いで、ツクバキンモンソウは上唇の長さが1mm以下、ニシキゴロモは上唇の長さが2.5mm~3mm

 

| |

« ハルジオン(ハルジョオン) | トップページ | チゴユリ »

野の花」カテゴリの記事

コメント

NYAN さん

コメントありがとう御座います。
こちらでは立派なツクバキンモンソウが結構見られます。
上高地から西穂まで歩いたことが懐かしく思い出されます。
facebookでも懐かしい人が多いですね。

投稿: やまそだち | 2021年4月20日 (火) 19:50

う~ん、生育の悪いジュウニヒトエみたいですね。^^
これは間違えそうです。

あ、ところで、facebookより、こちらの方が慣れているので、こちらでご挨拶を!
友達リクエストのご承認ありがとうございました。

facebookを見ていると、なんだか、ニフマネの掲示板を見ているような気がしてきます。
キタさんやら、shukuさんやら。
いがりまさしさんは、当時、asterさんでしたね。

では。

投稿: NYAN | 2021年4月20日 (火) 19:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハルジオン(ハルジョオン) | トップページ | チゴユリ »