« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

2021年6月

2021年6月30日 (水)

クサレダマ

K3_7264

       (クサレダマ 2021.6.26 )

 ノギランを見に行った山の入り口の湿地でクサレダマが咲き出していました。草陰に隠れるように咲いています。緑色の草と黄色い花の色合いが良い感じです。

K3_7272

 雄しべも黄色ですので黄色がさらに鮮やかです。夏を感じる暑い日差しです。

| | | コメント (0)

2021年6月29日 (火)

ノギラン

K3_7280

      (ノギラン 2021.6.26 )

 市内の山道で毎年咲かせるのですが、タイミングが合わず何時もも逃してしまいます。咲き始めの花が見られました。黄褐色の花が多いですが、これはちょっと白っぽい感じです。

K3_7297

| | | コメント (0)

2021年6月28日 (月)

キンセイラン

Img_2791

      (キンセイラン 2021.6.22 )

 家から比較的近い山で昨年見つけたキンセイランは見られませんでした。数年前に見つけた別の山に出かけましたが、今年は花付きが悪く、先が枯れているものが見受けられ、今年は不作のようです。

Img_2785

 淡い黄色の目立たない花ですが、気品がある花です。花は最盛期を過ぎていましたが、綺麗な花を見ることができました。

| | | コメント (0)

2021年6月27日 (日)

白馬で見られたスミレ

K3_6315

    (ミヤマナガハシスミレ 2021.6.16 八方尾根)

ナガハシスミレの品種。北アルプスで蛇紋岩により変形したものです。ナガハシスミレより色が濃いです。

K3_6594

      (クモマスミレ 2021.6.16 八方尾根)

 日本のスミレの中で最も高所に自生します。葉に光沢があります。

K3_6837

      (ミヤマスミレ 2021.6.16 白馬尻)

 オオバキスミレの高山型で、3枚の葉が輪生状になります。

| | | コメント (0)

2021年6月26日 (土)

ジガバチソウ

K3_7201

 市内の山で数株纏まって咲いているのを見たのは5年前、その場所のものは消えました。先日、ウチョウランを見た岩山で見事な株に出会いました。

Img_2715

こんな株に久し振りに出会いました。

Img_2723

| | | コメント (0)

2021年6月25日 (金)

キヌガサソウ 白馬尻(3)

K3_6999

 この時期の白馬尻散策の お目当ての一つはこの花です。笠を広げたような大きな葉の上に真白な蓮のような花を咲かせます。咲き出したばかりの新鮮な花には感動させられます。

K3_6951

 衣笠草の由来は放射状に並ぶ葉の様子を奈良時代の高貴な人にさしかけた衣に見立手たことによるそうです。

K3_7000_20210625173501

 図鑑によると白い花弁のように見える大きな(外花被片)は6-11個とあります。この花は11個あります。

 

| | | コメント (2)

2021年6月24日 (木)

オオサクラソウ 白馬尻(2)

 雪解けを待って咲き出しますので、その年の雪解け具合により開花時期が違います。4、5回は見ていますが、今まで一番良い花が見られました。

K3_6938

K3_6869

K3_6881_20210624195501

可憐に・・・

| | | コメント (0)

ウチョウラン

 昨年、探せなかった場所のウチョウラン、花友さんのお陰で見ることができました。3株綺麗に咲いていました。地道に探せばまだまだ見つかりそうな場所です。

K3_7230 

今年も嬉しい出会いでした。

K3_7197

イワマツに中に可憐な花が・・

K3_7180

| | | コメント (0)

2021年6月23日 (水)

白馬尻で見られた花(1)

 猿倉からの林道で見られた花

K3_6706

       (ノビネチドリ 2021.6.17 )

K3_7013

       (オオバミゾホオズキ 2021.6.17 )

K3_6763

       (ズダヤクシュ 2021.6.17 )

K3_6736

       (サンカヨウ 2021.6.17 )

 

| | | コメント (2)

2021年6月22日 (火)

八方尾根で見られた花3

K3_6349

       (ツマトリソウ 2021.6.16 )

K3_6387

       (ノビネチドリ 2021.6.16 )

K3_6393

       (チャボゼキショウ 2021.6.16 )

K3_6552

       (ミヤマタネツケバナ 2021.6.16 )

 

| | | コメント (4)

2021年6月21日 (月)

ミヤマアズマギク

 八方尾根で見られた花2、画像をクリックすると大きく見られます。

K3_6688

       (ミヤマアズマギク 2021.6.16 )

 アズマギクの高山型でユキワリソウに負けず新鮮な花が沢山見られました。花期は長く8月まで見られます。

Dscn6792

 青空にも良く映えます。

K3_6438

 花の色は濃いものから薄いものまで変化が多いですが、淡い色のものが好きです。

| | | コメント (0)

2021年6月20日 (日)

ユキワリソウ

 6月16日八方尾根で見られた花を紹介します。

K3_6382

       (ユキワリソウ 2021.6.16 )

 画像をクリックすると大きくなります。

 雪解けを待っていち早く咲き出すユキワリソウ、ちょうど見頃の花が沢山の見られました。八方池はまだ雪を被っており水面は見られません。

K3_6637

 何度か登っていますが、今迄で一番綺麗なユキワリソウが見られました。この花の後ろがピンクに染まっていました。

K3_6508

 微妙に色合いが違うものが混じって咲いておりました。淡い紅紫色の可愛い花で、花の真ん中に白色と黄色隈があります。

| | | コメント (0)

2021年6月19日 (土)

イワカガミ

 長野遠征の写真、 順不同になりますが、整理できたものから紹介します。

K3_7070_20210619192801

       (イワカガミ 2021.6.18 )

 池の平は今の時期、花はまだあまり咲いていませんが桃色の見頃のイワカガミがあちこちで咲いていました。低山帯から亜高山帯で初夏に良く見られる花です。

K3_7052

 イワカガミは葉の表面がてかてかと光ることから付いた名前です。ちなみにイワウチワは葉が団扇に似ているのでつけられた名前ですです。K3_7073

 すらっと立ち上がった美人さんです。バックが抜けて綺麗でした。

 

| | | コメント (0)

2021年6月18日 (金)

シモツケ

 16日から18日まで長野に出かけ、Blogお休みでした。

K3_6026_20210618202401

       (シモツケ 2021.6.10 )

 いつも散策する山道で今年は早めに咲き出しました。淡い色合いですので、緑の林に咲いていると、優しく、涼しげに感じられます。

K3_5996

 和名の由来は下野の國(栃木県)で発見されたことに由来するようです。

| | | コメント (0)

2021年6月15日 (火)

タンザワウマノスズクサ

Dscn6657

    (タンザワウマノスズクサ 2021.6.12 )

 しばらくぶりで筑波山です。タンザワウマノスズクサ10数年ぶりで見られました。オオバウマノスズクサの変種で関東、東海地方の山地に分布しています。つる性の多年草で楽器のサキソフォンにような変わった花をつけます。

K3_6183

| | | コメント (2)

2021年6月14日 (月)

バイカツツジ

K3_5932

      (バイカツツジ 2021.6.10 )

 梅雨時に日陰の林でひっそり咲いていることが多く、葉陰に小さい白い花を咲かせるので、見逃してしまう事が多い花です。

K3_6057

 バイカツツジは花は直径2cmと小さく花数も少なく、他のツツジのように目立たない控えめな花です。

| | | コメント (0)

2021年6月13日 (日)

ウリノキ

K3_5907

       (ウリノキ 2021.6.9 )

 ちょっと変わった花ですが、この時期、葉の裏に隠れるように咲いているので目につきにくい花です。花弁は線形でゼンマイのように巻き上げっており、長い雄しべがぶら下がっています。

K3_5920

 葉が大きく、葉の形がウリに似ているので、瓜の木と名前がつきました。楕円形の実は緑色から熟すと藍色になります。

| | | コメント (0)

2021年6月12日 (土)

マメヅタラン

Dscn6538

       (マメヅタラン 2021.6.8 )

 何年も探していた地元のマメヅタランを見たのは8年前になります。それ以来の再会です。花友さんとムギランを見た後、予定変更して訪れました。見頃の一面に咲いた花が見られました。

Dscn6562

 思いがけず、見事の花が見られ疲れも吹き飛ぶ大満足の岩山歩きでした。老体に鞭打って歩いたご褒美です。

Dscn6536

| | | コメント (4)

2021年6月11日 (金)

ミゾカクシ(アゼムシロ)

K3_5886_20210611192401

       (ミゾカクシ 2021.6.6 )

 田植えがほぼ終わった田んぼ脇でミゾカクシ(アゼムシロ)が咲き始めていました。例年8月になってから撮っていますので大分早い咲き出しです。

K3_5883

 サワギキョウの花にそっくりの同じキキョウ科の花です。左右相称の可愛い花です。いよいよ田んぼの夏の花のスタートです。

| | | コメント (0)

2021年6月10日 (木)

ムギラン(麦蘭)

 花友さんに誘っていただき、奥久慈の山に出かけました。

Dscn6471

       (ムギラン 2021.6.8 )

 初めての出会いのムギランです。樹幹や岩上に着生する常緑のランです。濃い緑色の葉がとても綺麗です。成長は非常に遅いので,群落を形成するのに何十年とかかるそうです。

Dscn6476

 花は葉に隠れるように咲きます。半開状ですぐに閉じて結実するそうです。名前は偽球茎(バルブ)の形が麦粒に似ているところから付けられたそうです。(偽球茎は卵形で緑色、表面は少ししわがよっていて硬い)

Dscn6469

 

| | | コメント (0)

2021年6月 9日 (水)

ムラサキウマゴヤシ

K3_5860

       (ムラサキウマギヤシ 2021.6.3 )

 日本に自生するウマゴヤシの仲間(マメ科ウマゴヤシ属)は全て地中海原産の帰化植物です。全草を肥料・牧草にするので、馬肥・特牛肥やしの名がついています。

K3_5869

 ウマゴヤシの仲間は花が黄色ですが、このムラサキウマゴヤシだけは紫色です。

K3_5866

 紫色の花は好きなので帰化植物ですがお気に入りの花の一つです。

| | | コメント (0)

2021年6月 8日 (火)

スナビキソウ

K3_5804

       (スナビキソウ 2021.6.3 )

 例年5月に見ている花ですので、花はあきらめ生育状況確認と覗いてみました。株数が増えており、花がまだ残っていました。

Dscn6432

 砂の中に地下茎を長くのばし増えるので「砂引草」の名が付いたそうです。 花は白ですが,のどもと部分が緑かかった黄色を帯び、地味ながら味のある色の花です。

| | | コメント (2)

2021年6月 7日 (月)

ハマボッス

K3_5833

       (ハマボッス 2021.6.3 )

 海岸に生育する植物には浜の名前の付いたものが多いです。浜というと砂地を思い浮かべますが、ハマボッスは海岸の岩の割れ目や岩の上に咲いているものも多いです。

K3_5825

 例年ですと咲き始めの時期ですが、もう満開状態でした。白い花ですが、真っ白ではなく少し肌色っぽい感じの色です。

| | | コメント (2)

2021年6月 6日 (日)

テリハノイバラ

K3_5851

       (テリハノイバラ 2021.6.3 )

 当地ではテリハノイバラは海岸で多く見られます。海岸の花も今年は例年より早く、ちょっと出遅れたようです。テリハノイバラは花期が長く、花が次々と咲きますので何とか綺麗な花が見られました

K3_5857

 ノイバラに比べ花も大きく、真っ白な花は見ごたえがあります。

| | | コメント (0)

2021年6月 5日 (土)

ナツハゼ

Dscn6382

       (ナツハゼ 2021.5.30 )

 ブルーベリーの一種で、黒く熟した実は美味しいので良く食べますが、花は見過ごしてしまうことが多いです。鐘形の花がずらりと並んでおり、可愛い花です。画像をクリックすると大きくなります。

Dscn6383

 ツツジの仲間ですが、夏にハゼノキ(ウルシ科)のような紅葉が見られることから名づけられたと言います。

| | | コメント (0)

2021年6月 4日 (金)

スイカズラ

Dscn6316

       (スイカズラ 2021.6.1 )

 この時期、甘い香りを漂わせているのはスイカズラ、この香りは私にはちょと強すぎます。咲き始めは白ですが、その後黄色に変わるので金銀花とも呼ばれます

K3_5554

 この花を摘んで蜜を吸うので、吸蔓の名前がついたそうです。

| | | コメント (0)

2021年6月 3日 (木)

ウメガサソウ

K3_5735

      (ウメガサソウ 2021.5.30 )

 毎年6月10日頃、この赤松林で見頃なウメガサソウ、やはり今年は異常な早さでもう満開でした。株数は多いのですが、被写体選びに迷います。

K3_5682

 名前は花の形が梅に似ていて笠のように下向きに咲くために付けられたそうです。花の大きさは直径1cm、背丈は10~15cmくらいです。

K3_5745

 イチヤクソウと同じで花が下向きに咲くので、カメラを地面においての撮影です。

| | | コメント (2)

2021年6月 2日 (水)

ホタルブクロ

Dscn6281

       (ホタルブクロ 2021.5.27 )

 夏の花として皆が良く知っているホタルブクロが例年より早く咲き出しました。日本人はこの花が好きなようです。名前も気に入っているのではないでしようか。

K3_5543

 花の色は白っぽいものから濃い紫色まであります。白い花は清々しい風情がします。

K3_5541_20210602174701

 花は袋状なので見えている方は裏で地味だが内側(ほかの花では表)を覗くと薄紫色の斑点がありきれいです。

 

| | | コメント (0)

2021年6月 1日 (火)

イチヤクソウ

K3_5517

       (イチヤクソウ 2021.5.29 )

 昨年、家の近くの林で見つけたイチヤクソウ、昨年とほほ同じ日に見頃になりました。株数は昨年よりちょっと少なくなった感じですが、綺麗な花が見られました。家の近くなので散歩の時、何度か覗き、ちょうど良い時期に撮影できました。

K3_5593

 一薬草の名前は花期の全草を乾燥させてものを薬用にすることからこの名がついたと言います。

K3_5620

| | | コメント (0)

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »