« ネコヤナギの花芽 | トップページ | ようやく梅がほころぶ »

2022年2月20日 (日)

少し春めく・スズメノカタビラ

K3_4158

      (スズメノカタビラ 2022.2.19)

 この時期、イネ科の植物はほとんどがまだ枯れ草ですが、スズメノカタビラは一年中花を咲かせています。春の気配を感じたのか葉も緑色になってきました。帷子(かたびら)とは単衣の着物の事で花序の形を雀の帷子に見立てたそうです。

| |

« ネコヤナギの花芽 | トップページ | ようやく梅がほころぶ »

野の花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネコヤナギの花芽 | トップページ | ようやく梅がほころぶ »