« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

2022年4月

2022年4月30日 (土)

ヘビイチゴ

K3_6481

      (ヘビイチゴ 2022.4.27)

 田舎育ちの私には子供の頃のお馴染みの花です。田んぼの畦道で良く見られます。和名は漢名の「蛇苺」に由来し、中国ではヘビが食べる苺と言われてたから、という説があります。

K3_6450

 花は次々に咲いて、散って行くので数個の花を一緒に撮ろうとするとなかなか見つかりません。

| | | コメント (0)

2022年4月29日 (金)

チゴユリ

K3_6427

      (チゴユリ 2022.4.25)

 葉の陰に隠れるように下向きに咲くチゴユリが咲き始めていました。小型でかわいらしいユリという意味で,稚児百合の名がありますが。新分類ではユリ科からイヌサフラン科になりました。

K3_6432

      (オオチゴユリ? 2022.4.25)

 チゴユリのちょと離れた場所に咲いていたもので、大型で枝分かれしており葯も大きいようでオオチゴユリか?地元では初めてですので自信がありません。

| | | コメント (2)

2022年4月28日 (木)

ニョイスミレ

 今年はスミレ観察が思うようにできません。当地では花の時期が遅い方のニョイスミレが見頃になっていました。目立たない白い小さな可愛い花です。

K3_6381

 低山の沢の脇に咲いていたものです。湿った場所を好むスミレです。

K3_6498

 丘陵脇の用水路脇の草むらで咲いてしました。

 

| | | コメント (0)

2022年4月27日 (水)

ホタルカズラ

K3_6356

     (ホタルカズラ 2022.4.23)

 家の近くのホタルカズラが見頃になっていました。昨年は花数が少なく、ちょっと寂しい状態でしたが、今年は増えていました。

K3_6353

 花後、枝を横にを伸ばし増え、翌年先端に花をつけます。花の咲く様子を草むらの蛍に見立て、花後に出る枝が蔓状に伸びるのでカズラを付けたようです。

| | | コメント (2)

2022年4月26日 (火)

オドリコソウ

K3_6290

      (オドリコソウ 2022.4.23)

 家の近くで咲き始めたオドリコソウ、開花は例年並のようです。一番多く見られる薄いピンクのものです。

K3_6296

 ちょっとピンクの濃いもの。

K3_6320

 こちらは白花です。

| | | コメント (0)

2022年4月25日 (月)

アリアケスミレ

K3_6260

      (アリアケスミレ 2022.4.21)

 腰痛で思うように行動できず、平地散策が続いています。地元では案外見る機会が少ないスミレです。 なんとか綺麗な花が見られました。

K3_6249

 紫色の筋が濃いものは魅力的ですが、この株は白色の優しい花でした。

| | | コメント (0)

2022年4月24日 (日)

ミツバアケビ・ゴヨウアケビ

K3_6178

      (ミツバアケビ 2022.4.19)

 昨日、紹介のアケビは小葉が5枚ですがこちらは名前の通り3枚です。花はアケビに比べ小さく濃い紫色です。大きい方が雌花で、下に房のように下がっているのが雄花です。

K3_6127

      (ゴヨウアケビ 2022.4.19)

 アケビとミツバアケビの自然雑種です。アケビの葉は全縁、ミツバアケビは波状鋸歯があり、ゴヨウアケビには僅かに波状鋸歯があります。小葉は3枚、4枚、5枚が混じっています。花はアケビより暗い紫のことが多いようです。果実はできないようです。

| | | コメント (0)

2022年4月23日 (土)

アケビ

K3_6203

      (アケビ 2022.4.19)

 散歩道のあちこちでアケビが見事に咲いています。今年は花付きが良いようです。山では葉が3枚のミツバアケビが多いのですが、家の近くでは葉が5枚のアケビの方が良く見られます。

K3_6211

 クリーム色の雄花、この地味な色合いが気に入っています。

| | | コメント (0)

2022年4月22日 (金)

ノミノフスマ

 腰痛が思うように回復しないので、山歩きは自制中、家の近くの田んぼ道をぶらぶら・・

Dscn3369

      (ノミノフスマ 2022.4.19)

 田起こし前の田んぼで見られるハコベの仲間の可愛い花です。花びらが10枚に見えますが、5枚の花弁が基部まで深く2裂に切れ込んでいます。和名は小さな葉を蚤のふすま(夜具)に見立てたものです。

K3_6223

 

| | | コメント (0)

2022年4月21日 (木)

オランダミミナグサ

 久しぶりで田んぼ道を散歩したらオランダミミナグサがあちこちで満開状態でした。花の少ない時期から咲いているので、咲き始めを紹介することが多いので、見頃のものも紹介しておきます。

Dscn3351

Dscn3348

| | | コメント (0)

2022年4月19日 (火)

センボンヤリ

K3_6003

     (センボンヤリ 2022.4.13)

 センボンヤリの 名前は秋の閉鎖花(蕾のままで花は開かないで自家受粉して果実になる花)を槍に見立て付けられたものですが、春には白い小さな花を咲かせます。

K3_6004_20220419185201

  別名、ムラサキタンポポの名前がつけられています。花びらの裏面が写真のように紫色を帯びるところから付けられた名前です。

| | | コメント (0)

2022年4月18日 (月)

ヤマエンゴサク

K3_5978

     (ヤマエンゴサク 2022.4.12)

 ヤマエンゴサクの花は青~青紫色が多いですが赤っぽいものなど色の変化が結構あります。また葉の形も丸いものから細いものなど多様です。

K3_5975

| | | コメント (0)

2022年4月17日 (日)

イワウチワ

K3_5605

      (イワウチワ 2022.4.5)

 山の北斜面の岩場で見られる岩団扇、例年は何箇所か見に行っているのですが、今年は残念ながら、この2枚しか撮影できませんでした。この写真を撮ったあと、急登で腰を痛めてしまいました。

K3_5608

| | | コメント (2)

2022年4月16日 (土)

ニオイタチツボスミレ

K3_6016_20220416190001

      (ニオイタチツボスミレ 2022.4.14)

 色々なスミレが見られる場所があるかと思うと、特定のスミレしか生育していない場所もあります。この草むらはニオイタチツボスミレが一面に咲きます。他にはタチツボスミレしか見られません。

K3_6079

 見頃かと出かけましたが、2、3に続いた暑さで、ちょっと盛りを過ぎていました。

K3_6014

 タチツボスミレより色が濃く、花の中心部の白色がはっきりして可愛いスミレです。

 

| | | コメント (0)

2022年4月15日 (金)

アブクマトラノオ

K3_5801

      (アブクマトラノオ 2022.4.12)

 宮城県南部から福島県東部の阿武隈山地の太平洋側に分布となっていますが、茨城県北部でも見られます。花はハルトラノオにそっくりですが別種です。

K3_5933

 アブクマトラノオの特徴は、1つ1つの花の柄が長いことで、約5ミリほどあります。葉はクリンユキフデに似ています。

| | | コメント (0)

2022年4月14日 (木)

ジロボウエンゴサク

K3_5884

      (ジロボウエンゴサク 2022.4.12)

 ひょろっとして、弱々しいジロボウエンゴサクは風に揺れて撮りにくいです。沢沿いの山道の入り口に咲いていました。花の色は紅紫色から青紫色で白花もよく見かけます。

K3_5875

 延胡索は漢名で、キケマン属の総称名です。ヤマエンゴサクやエゾエンゴサクなど、この仲間の地下の塊茎を、漢方では延胡索といって、痛み止めなどの薬用にしていたそうです。

| | | コメント (2)

2022年4月13日 (水)

トウゴクサバノオ

K3_5906

      (トウゴクサバノオ 2022.4.12)

 沢沿いなどの湿った場所に生えています。毎年、楽しみにしている早春の花です。小さな花ですが、何とも可愛い花です。

K3_5930

 直径7、8ミリの淡い黄白色の花びらのように見えるのは萼片で、花の中に黄色く見えるのが花弁です。

K3_5968

 この時期はちょっと暖かい日が続くとあっという間に花が咲きます。7日には咲き始めでしたが、見頃になっていました。

| | | コメント (2)

2022年4月12日 (火)

ミヤマカタバミ

K3_5623

      (ミヤマカタバミ 2022.4.12)

 木陰にひっそりと咲くミヤマカタバミ、日が差さないと花を開いてくれません。歩き始めには開いていませんでした。

K3_5936

 以前は花付きの良いものが多かったのですが、ここ数年は花が1、2個のものが多いです。

K3_5987

 杉の落ち葉の間から葉が出て開き始めたところです。

| | | コメント (0)

2022年4月11日 (月)

スミレ(マンジュリカ)

K3_5845_20220411175201

      (スミレ 2022.4.9)

 「スミレ」とう言う名前のスミレ(Viola mandshurica)です。「満州のスミレ」という意味です。濃紫色のきれいなスミレで、私は菫色というとこの色を思い浮かべます。

K3_5839

 マイフィールドでは案外少なく、草むらではなかなかありません。舗装された道路縁に咲いていたものです。

| | | コメント (0)

2022年4月10日 (日)

エイザンスミレ

昨日紹介のタカオスミレの近くの沢沿いに群生していました。色は薄めですが見頃の花が見られました。

K3_5744

      (エイザンスミレ 2022.4.7)

 スミレの中では人気のあるスミレです。葉が深く裂けており、花が大きく、花の色や形の変化が多く、場所により色々なタイプが楽しめます。

K3_5747

K3_5729_20220410182801

 

| | | コメント (2)

2022年4月 9日 (土)

タカオスミレ

 午前中、接骨院、午後から車で林道まで、道路脇に道を止めて、ちょと散策・・

K3_5683_20220409203101

      (タカオスミレ 2022.4.7)

 ヒカゲスミレの葉の表面がこげ茶色から黒紫色になるものはタカオスミレ(東京の高尾山で採集されたもの)と名付けられています。 葉も花もどちらかというと地味なスミレです。ちょうど見頃でした。

K3_5647

K3_5782

| | | コメント (0)

2022年4月 8日 (金)

スミレ散歩

K3_5560

     (ヒメスミレ 2022.4.2)

 小さく可愛い菫です。こんな狭いところが好きなようで、アスファルト道路の脇などで良く見かけます。

K3_5767

      (ナガハシスミレ 2022.4.7)

  ナガハシスミレは日本海側で見られるスミレですが、茨城県でも稀に見られます。花付きの良いものはありませんが、株数は結構あります。

K3_5789

      (ヒカゲスミレ 2022.4.7)

 この場所は葉の表面がこげ茶色から黒紫色になるタカオスミレが多いですが、このか株は葉が緑色のヒガゲスミレです。

| | | コメント (0)

2022年4月 7日 (木)

ユリワサビ

K3_5825_20220407193801

      (ユリワサビ 2022.4.7)

 例年3月中旬に紹介しているユリワサビ、今頃になりました。開花の順番も異常のようです。沢沿いの砂礫地に咲いていました。

K3_5821

| | | コメント (0)

2022年4月 6日 (水)

ウグイスガグラ

K3_5577

      (ウグイスガグラ 2022.4.3)

 開花が遅れていた、近くの山のウグイスガグラが大分咲いてきました。やわらかな春の日差しを受け、淡い紅色の花と薄緑色の優しい新葉との色合いが良く合っています。

Dscn3304

| | | コメント (0)

2022年4月 4日 (月)

ノジスミレ

 隣町の山麓近くの草むらの土手のものです。大分前に見つけた場所で、以前はアカネスミレなどもありましたが、消えてしまい、今はノジスミレだけになりました。

K3_5512

      (ノジスミレ 2022.4.1)

 人里近くで見られるスミレです。良く似たスミレ(マンジュリカ)と一緒に生えていることもあります。

K3_5547

 

K3_5518

 同じ場所に咲いていたノジスミレの白花です。

 

| | | コメント (2)

2022年4月 3日 (日)

スズメの鉄砲と槍

K3_5426_20220403180301

      (スズメノテッポウ 2022.3.30)

 田んぼの雑草です。可愛い名前をつけてもらいました。花茎を抜き取り草笛にしピーピー鳴らして遊んだ懐かしい草です。細い花穂を鉄砲に見立てたものです。ゲンゲとスズメノカタビラと一緒に。

K3_5565

      (スズメノヤリ 2022.4.2)

 雀は小さくて可愛いということから、槍は花の集まった頭花の形が、大名行列の毛槍に似ているからの命名といいます。草むらで良く見られます。

| | | コメント (0)

2022年4月 2日 (土)

マキノスミレ

 自宅から車で50分ほど西の森です。毎年、まだ芽ぶき前の林の落ち葉の中から咲き出します。ここは思ったより花が遅れていませんでした。

K3_5478

K3_5468

      (マキノスミレ 2022.4.1)

 植物学者牧野富太郎を記念して名前付けられたスミレです。小型ですが紅紫色花の色が何とも言えません。ピントたてた葉も良いです。

K3_5453

 当地で咲くマキノスミレは花が小さく、葉も小さいです。

K3_5463

| | | コメント (2)

2022年4月 1日 (金)

タチツボスミレ

 マイフィールドでもようやくスミレシーズンに・・当地でも一番ポピュラーなスミレです。花期も長く、花の形、色など変異が多く、色々なタイプのものがあり、飽きることがないスミレです。

K3_5293

      (タチツボスミレ 2022.3.31)

 季節折々色々な花が見られる市内の低山で一番良く散策する場所です。

K3_5289

K3_5286

| | | コメント (0)

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »