カテゴリー「野の花」の1000件の記事

2021年4月22日 (木)

ホタルカズラ

K3_2714

       (ホタルカズラ 2021.4.19 )

 散歩道のホタルカズラ、昨年は良かったのですが、今年は草刈りがされたか花数が少なく、ちょっと寂しい状態です。

K3_2702

 花はきれいな青紫色ですが,写真に撮るとなかなか実物の色が出ません。 花の色を螢の光にたとえたそうですが・・・・・

| | | コメント (0)

2021年4月21日 (水)

オオツクバネウツギ

K3_3051

     (オオツクバネウツギ 2021.4.20 )

 隣町の里山麓の林道を走っていて真白い花が目に入り、車を降りて見ると満開のオオツクバネウツギ。県内ではツクバネウツギもオオツクバネウツギも普通に見られる花ですが、しばらくぶりで見ました。

K3_3027

 ツクバネウツギより花が大きく、黄白色の花が緑の葉の色に良く映えます、花の中心の橙色の編み目模様もきれいです。

2k3_3051

 

| | | コメント (0)

2021年4月20日 (火)

チゴユリ

K3_2919

       (チゴユリ 2021.4.18 )

 葉の陰に隠れるように下向きに咲く、大好きなチゴユリ(稚児百合)が例年より早めに里山の林床で咲き始めました。新緑が気持ち良い林ではヤマツツジなども見られます。

K3_2909

 小型でかわいらしいユリという意味で,稚児百合の名がありますが。新分類ではユリ科からイヌサフラン科になりました。

Dscn5426

 林の奥の株をコンデジズームで撮って見ました。

| | | コメント (0)

2021年4月19日 (月)

ツクバキンモンソウ

K3_2870

       (ツクバキンモンソウ 2021.4.18 )

  地元茨城県の筑波山で初めて採集されて中井猛之進博士により名前がつけられた植物です。こちらの山では良く見られます。

K3_3007

 ニシキゴロモの変種でニシキゴロモは日本海側にツクバキンモンソウは太平洋側に生育します。ニシキゴロモは茨城県では見られません。

Dscn5436

 ニシキゴロモとの違いは花の上唇の長さの違いで、ツクバキンモンソウは上唇の長さが1mm以下、ニシキゴロモは上唇の長さが2.5mm~3mm

 

| | | コメント (2)

2021年4月18日 (日)

ハルジオン(ハルジョオン)

K3_2699

       (ハルジオン 2021.4.17 )

  北アメリカ原産の帰化植物で各地に雑草化しています。当地では11月頃まで咲いていますが、田植えの頃の風景にぴったりです。

K3_2669

 花の色は白~紅紫色まであり、蕾みの時はうなだれています。優しい色で、日本の風景にとけ込んでいます。

K3_2776

| | | コメント (0)

2021年4月16日 (金)

変わった色のエゾアオイスミレ

K3_2414

      (赤っぽいエゾアオイスミレ  )

  エゾアオイスミレの花は普通、青い紫色が多いですが、鮮やかな赤っぼい花が見られました。即弁の基部が黄金色に輝き、とても綺麗でした。

K3_2417

K3_2409

 こちらは、側に咲いていた青紫色のものです。スミレは色の変異が多いのも魅力の一つです。

| | | コメント (4)

2021年4月10日 (土)

イブキスミレ

 地元では見られないスミレで、限られた場所にしかない生育していないので、見る機会が少なく、2年ぶりです。

K3_2330

 上品な淡い紫色の清楚な花で、静かな林で咲いている姿に出会うと心が癒されます。葉にも特徴があり円心形で薄く、花の時期には表側に巻いています。

K3_2381

 葉にも特徴があり円心形で薄く、花の時期には表側に巻いています。

K3_2367

 滋賀県の伊吹山で見たったのでついた名前です。

K3_2355

 バックにヤマエンゴサク。

| | | コメント (0)

2021年4月 8日 (木)

沢沿いの花

K3_1857

       (ヤマエンゴザク 2021.4.1 )

 この場所のヤマエンゴサクは背丈が小さく可愛いです。ニリンソウと仲良く咲いて一ました。花は青~青紫色が多いですが赤っぽいものなど色の変化が結構あります。

K3_1836_20210407212801

     (アブクマトラノオ 2021.4.1)

 花はハルトラノオにそっくりですが別種です。アブクマトラノオの特徴は、1つ1つの花の柄が長いことで、約5ミリほどあります。後ろの花はトウゴクサバノオです。

| | | コメント (0)

2021年4月 7日 (水)

スミレ散策

K3_1568

       (マルバスミレ )

K3_1777

     (タカオスミレ)

K3_1801

     (フモトスミレ)

K3_1931

     (アケボノスミレ)

| | | コメント (2)

2021年4月 4日 (日)

フモトスミレとマキノスミレ

 友人から昼前にフモトスミレとマキノスミレが綺麗に咲いていると電話、昼食を済ませて出かけました。最初に目に付いた大株、あれ!マキノとフモトの交雑種(ミドリミツモリスミレ)、7年ぶりの嬉しい出会いです。

K3_2075

       (マキノスミレ 2021.4.4 )

K3_2079

      (フモトスミレ 2021.4.4 )

K3_2114 

  マキノとフモトの交雑種 (ミドリミツモリスミレ)側弁に毛があります。

K3_2082

 手前にマキノスミレ、奥の白いのがフモトスミレ。

 

| | | コメント (2)

より以前の記事一覧